12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-03-20 (Wed)
休みの日だけあって、車がなかなか停められなかった、と、そのかたはおっしゃいました。
わたしはとにかく無事に出会えたことにホッとしていました。

「お茶でも飲みましょうか。お昼ご飯にはまだ少し早いですし」
そんなことを言われ、エスコートをされて、チェーン系の喫茶店へ。
そこで、名刺をいただき、しばし普通の話に花が咲きました。
わたしがサークルをやっている話や、そのかたのお仕事のお話など、
とても楽しく、飽きない時間でした。

「最終的な決め手があるとしたら、声の雰囲気かな。外見は、あんまり気にしません」
とのお話もありました。お好みについてお伺いしたときです。
メールでは、ご本人も、調教時にはお声が低くなるとのお話でしたから
互いの聴覚をより大事にされるのかもしれません。
第一印象は、とりあえず、悪くなかったようです。

お茶を飲むうちお昼の時間になりましたが、
あまり外食はされないとのことで、場所に悩んでおいででしたので、
とにかくこれから食べる場所を探しましょうということになりました。


――――さて、前日に買ってあったバレンタインの品物を
いつ渡すかで、わたしはこの日の朝まで悩んでいました。
最終的には朝の化粧中にリーダーに相談し
「そんなもんデートの比較的最初に渡さないといかんでしょ」
とのアドヴァイスのもと、わたしはタイミングをはかっていました。


駐車場までエスコートされたとき、車がブーンと横切りました。
そっ……と、腰に手が回されて、寄せられたとき、
とてもドキドキしたのを覚えています(´∀`;)
細かいところでいちいちドキドキする困ったさんです(笑)

車に乗り込んで、さあ出発というときに、わたしは
(ここだ――――!!)と思い、バレンタインのプレゼントをお渡ししました。
なにしろそのかたが甘いものお好きかどうかも、この時点では不明で
いろいろと自信がなかったため、ハンカチと小粒のチョコレートを
組み合わせてラッピングしなおしたものではありましたが、
とても喜んでいただけましたε-(´∀`*)


車の中で、またいろんなお話をしましたが、残念ながら
だいぶ舞い上がっていたらしくほとんど覚えていません(汗)
いろいろ探して、ファミリーレストランでお食事することになりました。
ご飯を食べながらも普通のお話を色々と。
普段わたしはあんまりしゃべらず、黙ってしまうことが多いのですが
この日はそうでもなかったなあと思います。
お話するのが、とても楽しかったのでしょうね。


食事が終わり、車に乗り込んだのは12時45分くらいでした。
このあとはどこに行かれるのだろう……? と
ノーテンキなことを考えていましたら、そのかたが口を開きました。

「サークルの本番の日というのは、決まっているの?」

わたしはそのお尋ねに、はい、ある程度決まっています、とお答えしました。
あわせて、練習についても、日程や休むことについてのお話もしました。
そのかたはそれを聞いて、静かに口を開きました。

「隙間の時間ができるなら、そういう形で付き合うことができるね。
 日常の仕事や、趣味はほんとうに大切にしてほしいと思う。
 そのなかで、寂しいと思う時間、空いた時間ができたなら、
 その時間を俺にくれればいい。だから俺は『おいで』って言うよ」

運転なさっていた左手が、手のひらを上にして、すっと差し出されました。


( ゚Д゚)

頭の中で、小さなわたしが裁判所から出てくるひとびとのように駆けまわって、
「13時5分!! 『おいで』いただきました――――ッ!!」と、わあわあ大騒ぎしました。
しかも思わぬタイミングで、ほんとうに言われるかどうかも
わからなかったことをおっしゃっていただいたことに完全に動揺し

「わ…………わたしでいいんですか……?」

となんともトンチキなことを聞いてしまう始末。
「だから、おいで、って言ってるよ」
ともう一度言われ、心臓がドキドキドキドキと打ちました。

乗せたら……
わたしは……
このかたの……

そのかたの手のひらを見つめて、わたしは決めました。
ほんのすこし、こわごわ、わたしは自分の右手を乗せました。
そうしたら、そのまま、指と指が交互に組み合わさるかたちで手を握っていただきました。
多分表情には余裕がなかったと思いますわたし。

男のひとと、手、こんな握り方するのはじめてなんだもん(笑)


「まだ、時間……ある?」
「アリマス」(←余裕がない上ガッチガチ)
「儀式というか……、初めての調教を、しよう」
「はぅ……ハイ」(←まだガッチガチ)
「怖い?」
「まったく怖くないと言ったら嘘になります」(←何故ここだけ冷静)
「大丈夫だからね」


広い田舎道を走りながら、車は一軒のホテルにすべってゆきました。



| 逢瀬と調教 | COM(20) | | TB(0) | |
2013-03-22 (Fri)
地元でラブホに入るなど、人生で初の経験です。

ご主人様……に、なったかた……は、わたしの手を握ったまま、
部屋のわきに車を停めました。

そのまま、お部屋へ。
上着を脱いでハンガーにかけて、暖房を入れてお風呂の支度をして
テレビのスイッチを入れて――という流れを、ほぼよどみなく
なさったご主人様を前に、わたしはただうろうろうろうろしているしかなく、
なんとも情けない(´・ω・`) しかも落ち着きがなさすぎる。
……いや、確かさすがにご主人様の上着はハンガーにかけました。わたしが。

ご主人様がベッドに腰かけられて、「横に座って」とお呼びになりました。
ガッチガチのままお隣に座ると、引き寄せられて、頭を抱えるようにされ、
ちょうどご主人様の胸の中に頭を預けるような格好になりました。


うわあああああああああああああ――――!!


こっから先の展開を割愛したい。もうこの時点で割愛したい。
でも書く(笑)

そのまま、ぎゅうと抱き締められました。
タバコの香りと、服の香りと、いろんなものが混じって、
胸がいっぱいになって、わたしは目をぎゅっとつぶりました。

安心する。

のちにご主人様は、このときのわたしを
『独りぼっちになった子犬のようだった』と表現されました。


身体をさわさわと撫でられて、抱っこのような体勢にしていただいて、
たくさんのキスをいただきました。
こんな経験ろくすっぽないもんですから、なにかされるたびに
びくびくと震えてしまって、その都度ご主人様は
「いい子いい子」
「子犬みたいだ、びくびく震えて」
「大丈夫、大丈夫」
と何度もおっしゃってくださいました。

立たされて、後ろからきつくきつく抱き締め上げられます。
まるでご主人様の腕が縄のように身体に絡みついて、
身動きがとれませんでした。
けれどもそれがとても心地よく……わたしは縄の経験がありませんが
ああこういう感じなのかな、と思いました……。

「――――う、あ―――――」

まともに声が出なくて、多分喘いでばかりだったように思います。
時折、ご主人様はご自身が持参された飲み物を口に含んでは
わたしに口移しで与えてくださって、わたしは遠い意識の底で

ああ、漫画とかドラマで口移しで水飲ますのあるけどまんざら不可能じゃないんだな


大変どうでもいいことを思っていましたがそんな考えはすぐ消えました。

絶え間なく
ご主人様の手がわたしの身体を這うし
ご主人様の腕がわたしを締め上げるので
そのときは、なにも――――考えられなくなっていきました。

1時間くらいは、ふるふると震えていたように思います。
この日、何度「いい子いい子」と言われたか……
多分、これまでの人生で、言われたかった分は満杯言われたでしょう。

嬉しいのと、ほんのすこししあわせなのと、
でもはじめての経験に戸惑いながらもあって、
若干過呼吸気味でした(汗) 心配されました(大汗)

これもこのときは気がつかなかったのですが、
ご主人様に抱き締め上げられているとき、わたしの身体は
激しく動いていて、なおかつ、手足が変な方向に
曲がりくねっていたそうです。
自分ではまったく身動きが取れない、と思い込んでいましたから、
身体がどうなっていたかまで覚えていないところをみると、
すでに意識はどっかすっ飛んでいたのかもしれません。


お風呂の支度ができました。
「さあ、入ろうか」
促されて、そっと服を脱ぎました。ご主人様とは別の場所で。

光の入りこむ、明るいお風呂でした。

ご主人様が背中にお湯をかけてくださったので、思わず
「すみません……」
と言ったら、
「そういうときは、ありがとうございます、でいいんだよ」
そうおっしゃっていただいたので、
「ありがとうございます」
言いなおしました。
わたしもご主人様のお身体にお湯をかけて、ふたりで、湯船に
ざぶんと浸かりました。

あたたかくてよい湯加減でした。
ふーい、と息をついたときに、ご主人様がおっしゃいました。


「こっちに、おいで」


 え。




| 逢瀬と調教 | COM(16) | | TB(0) | |
2013-03-23 (Sat)
思う間もなく、身体は引き寄せられて、
お風呂の中でうしろから抱っこの体勢になりました。

ホアアアアアアア恥ずかしい。

やわやわと胸を揉まれて、思わず声が出ます。
ご主人様はわたしの耳元で、そっとささやきました。
「大きすぎず小さすぎず、俺の手にちょうどいい大きさだ」
そそそそそそうですか……

その体勢のまま硬くなっていたら、今度は向かい合わせにされました。
「見てごらん」
透明なお風呂のお湯の中、指された先には、ご主人様の、ソレが。
「………………」
「さわってごらん」
「さわ……」
恐る恐る握って、するする手を動かしました。
コレをちゃんと握ったことはなかったので、握ったまんま
ボッキリいっちゃったらどうしようと思うともう怖くて怖くて(汗)

「これがみぃの膣の中に入るんだ。もっともっと大きくなったらね」

低い声がわたしの耳朶を打ちました。
このままでも充分大きく思うのだけどどういうことか。
まだ大きくなるのかコレ。もうすごい高級品の太チクワくらいあるんだけど。

頭の片隅で、なにか性教育の授業でも受けているような
絵面のようにも思えたのですが、いま自分の身に起こっていることの
緊張感が完全に勝っていました。

ご主人様はご自身のもののことを『陰茎』とお呼びになり、
ひるがえってわたしのそこを『膣』とお呼びになります。
性教育の授業のようだと思ったのはそこもあったのかもしれません。
しかし家に帰ってからあらためて思うと、隠語で呼ぶより
正式名称で呼んだほうが余程いやらしく思えるのはなぜだろうか……
アレですよ? 仮に、おねだりとかするにして、ですよ?
「ご主人様の陰茎をわたしの膣に」ってすんごく言いづらくないですか
わたしだけですか……(汗)

お風呂からあがりかけのときに、立ったまままた抱き締めていただきました。
ご主人様はすこし、わたしの割れ目をなぞられて、おっしゃいました。
(衛生面の観点から、お風呂で指を入れられることはされないのです)
「ずいぶん濡れている」
「はぅ……」
そうして、処理をしていなかった毛を撫でられました。
以前は命令にて剃っていましたが、あたらしいご主人様にお逢いするにあたり、
お好みがわからなかったので、そのままにしていたのです。
「――薄いの?」
いえ、とお答えして、上記の説明をしました。
「…………そう」
その点はそれ以上追及されず、わたしの恥丘をくっとつかんで
「盛り上がっているね」
「申し訳ありません、太っているので」
「やわらかい。こういうのをモリマンというのだよ」
「え……」
いろんなブログで拝見するのは、こう……なんというのか、ふくらんでいなくって
シュッとした感じの恥丘ばかりでしたから、これは
太っているがゆえの弊害なのだと……このときまで真剣にそう思っていました。
若干のコンプレックスもありました(汗) けれども、
「いいね」
要するに、お気に召していただけたご様子でした。


お風呂からあがって、部屋着を身にまとうと、また口移しで飲み物をいただき、
続いてご主人様のバッグから、なにかが出てきました。
そのときわたしは既に眼鏡を外していたので、
ウスラボンヤリとしか見えなかったのですが、

それは確かに首輪でした。

赤いリードのついた、真っ赤な首輪でした。

首にひんやりとした感触があって、巻かれていくのがわかります。
ご主人様の手が首輪から離れると、そのまま、リードを持たれました。
「こういうこともできる」
「わ……」
くん、と引かれたリードに従うように、身体が動いていき、
そのまま、ご主人様の舌がわたしの口中を這いました。
「ん……んー」

遣われている、という感覚に、脳髄が麻痺します。
手はまったくの自由なのです。けれど、わたしの2本の手は、
ぶらんと力なく垂れて、ご主人様のなされるがままに任せていました。

このあたりから、時系列的な記憶がひどく曖昧です。

確か、しゃぶらせていただいたのは確かです。
おっしゃったとおり、高級品の太チクワが高級品のフィリピンバナナに。
いえそのくらいホントに大きく。
ステージに立つ者として、サークル内でも口の大きさには定評のある
わたしでしたが、ご奉仕中に上顎が疲労しました。
けれども、とても、しあわせでした。あ、疲労はすぐ回復しました。

また抱き締め上げていただいたり、
うしろから抱っこされてM字開脚のポーズをとらされて
「この部屋が鏡張りだったら、みぃのM字開脚をうつして見たのにね。
 見たいだろう?」
「いえ……いえ、いえっ……恥ずかしいですっ……」
「でもみぃはそういうの好きだね?
 恥ずかしいと言ってる自分がどんな顔をしているか、見たいね?」
「…………」
「返事は?」
「……み……見たいです……」
「よーし、いい子だ」
多分こういうニュアンスの会話をしたような。
これだけすごくはっきり覚えています(*ノノ)

「いろんなことを、していくからね」

低く、でもとても優しい声で、それはたぶん宣言でした。


そのあと、ご主人様はコンドームを手にしてご自分でおつけになり
仰向けのまま、まだ少し呼吸の荒いわたしに、お声をかけられました。

「このまま、入れてごらん」

「この体勢でですか?」

「そう、この体勢で」



| 逢瀬と調教 | COM(16) | | TB(0) | |
2013-03-24 (Sun)
にゅー、という感じで、わたしは自分で、ご主人様の上に
腰を落としました。

「ふ……う」

すでにずぶずぶと濡れていましたから、それだけで、気持ちよくて。
でも、いわゆる騎乗位の経験がなかったわたしは、
このあとどうしたらいいのかさっぱりわかりませんでした。
……漫画とかAVとかだと、女のひとの身体が上下上下してるよなあ。

けれども、自分の身体は、まるでなにかを知っているかのように、
ゆるゆると腰を動かし始めていました。

「そのまま腰を振って。浮かさなくていいから」

ご主人様のものを、自分の中で感じながら、わたしの腰の動きは
次第に激しくなっていったように……記憶しています。
乳首と胸をぎゅうううとつかまれて、
「あ―――――」と、泣き声にも近い声が出て……。
いったいどのタイミングでそうなったのか、それも覚えてはいませんが
「いいよ、イッて」
とおっしゃっていただいた直後、頭の中で、ばちんと音がしたような
気がしました。
ふわりとご主人様の胸に倒れこんだわたしを起こしながら、ご主人様は
低く、優しい声で、おっしゃいました。

「これが、オーガズムって、いうんだよ」

ああまた性教育の授業……と、心がニヤニヤした瞬間から先の記憶が

あ り ま せ ん 。

のちにご主人様から伺った話によると、際限なく腰を振ってイッてた、らしいです。
首なんかもヤバいくらいガクンガクンさせていたようで、
ご主人様はその様子をごらんになりながら、
これはまずいと思った段階で身体を引きよせたりして止めてくださったということでした。
でもずいぶんと長いこと、ご主人様とは繋がっていたように思います。

遠くなりかける意識の中で「俺の牝犬」とお呼びいただいたのは記憶にあります。
そして、繋がったままご主人様の胸の上に身体を預けていたときに、
お尻を撫でていただきながら、
「みぃのお尻は丸くていいね。とても好みだよ」
とおっしゃっていただけました。
「ありがとうございます…………」
「次からはジーパンをはいてきていいよ、お尻の形がわかるからね」
え、いいの?
この業界(業界!?)ではスカートを要求するご主人様が多いように思いましたので
またカルチャーショック。
しかしそもそもわたしは私服にジーパンをはくことが多く、最初のお茶のときにも
そんな話をさせていただいていましたので、今後は
とりあえずジーパンとスカートのローテーションでいこうと思いました。
そんなことが少し頭をかすめた瞬間に、

スパーン

「ひう!」
お尻を叩かれました。
「叩き心地もいい」
右を、左を、ご主人様と繋がったままで……スパンスパンと叩かれます。
そのたびに声が出て。このときは、意識が明晰だったように思います。

何度目かにご主人様の胸に倒れこんだあと、「降りなさい」と
言われました。そのときのわたしの顔が「物足りぬ」と言っていたのか、どうなのか、
「きょうはもうだめ。コンドームのおかわりがないからね」
と頭を撫でられ、下のほうに促されます。
舐めなさい、ということかな。
そう思って、舌を出したら、「こら」と声が飛びます。
「ありがとうございました、って挨拶してからだよ。
 これ(=ご主人様の陰茎)が、一番大切なのだからね」
はい、とお返事して、ありがとうございました、とお辞儀をし
するすると舌を這わせます。
「うん、顔を横にして、そう、ハーモニカを吹くみたいにね。逆も同じように」
そうして、ふかくふかく頬張って……

わたしの口には根元まで入りきらないくらい、ご主人様のは大きいのですが、
頑張って頬張っていましたら、ご主人様がわたしの頭をつかんで動かしました。
「う、うー」
そこに自分の意思はなく、なされるがまま。
けれども、とても、しあわせで…………

くるしい。くるしい。でも、でも、どうか、このまま、時間が止まればいい。

そんなことを思っていたら、口の中のものが一層膨らみました。
「!」
口の天井になにかが当たる感触があって、口中に不思議な味が広がります。

ああ。
お出しいただいた。

その瞬間のわたしはずいぶん不思議な顔をしていたらしく、ご主人様が
「吐きだす?」とおっしゃりながらティッシュに手をのばされたのですが
わたしはふるふる首を振り、
若干口の中でくちゅくちゅとテイスティングしたあと(何故)飲みこんで、
「いただきました」
と笑いました。たぶん笑ったと思います。
抱き寄せていただいて、「いい子」と頭を撫でてくださいました。


ベッドは(たぶん)汗でびたびたになっていましたので、場所を探しつつ、
そのまま……ご主人様の胸で、うとうとと、させていただきました。

静かに、しあわせな時間が、流れていました。




| 逢瀬と調教 | COM(12) | | TB(0) | |
2013-03-25 (Mon)
うとうととしながら、ご主人様にすりすりしつつ、首元とか胸に
唇を這わせていたら(いま考えてもなんでそんな大胆なマネしたのか……/汗)、

「舐めたいの?」
「……すこし」
「いいよ、好きに」

調子に乗ったわたしはご主人様の耳たぶをかぷりとやりました。

「こらっ、くすぐったい。首から下に限る」
「うー……」

ホントに仔犬並みのわたし。
そのまますりすりしたり、ちょっと舌を這わさせていただいたりしつつ、
またご主人様にぎゅうと抱き締めていただいたりなどして。
夕方の時間に差し掛かっていましたので、もう一度お風呂に入って、
帰りの支度をすることになりました。

なんだか自分の身に起きたことが、夢のようで、幻のようで、
もしもいまが夢なのなら、覚めないでほしいな、とまで、思っていました。

「きょうはね、道具とか全部車の中に置いてきてしまったから、
 内容が薄くて申し訳なかったね。泊まりの時なんかはもっとすごいからね」

内容が薄い!? アレで!!??
泊まりの時は……ということは、そういうご予定もおありということか……

また、化粧慣れしてないこともあっさり見抜かれました(笑)
瞼付近の赤みが少しきつかったとのことです。
のちにリーダーに聞いたら、
「ごめん、はじめて使ったチーク(かなんか)だったんで、加減がね」
ということでした。
このとき、ご主人様とこんなにも早くお会いできると思わなかったため
慌ててお取り寄せした化粧品の到着待ちでしたから、
次にお逢いするときは、自分でなんとかしてみよう。という決意をするには
十分でした。


清算をすませて外に出ると、あたりはうす暗くなっていました。
だいぶと長い時間ホテルの中にいたのだなあと驚くとともに、
その時間をご一緒できたことに、深い深い嬉しさがこみ上げてきていました。

最初の待ち合わせ場所まで送っていただいて、
わたしの車のそばに車をつけていただきます。

そこでまたしばらくお話をして……

もの欲しそうな顔をしていたのを見抜かれた(笑)のか、
かぷ、と、噛むような軽いキスをいただきました。
えへへ。嬉しいです。

「気をつけて帰るんだよ。あとで、メールするね」
「はい、ありがとうございます」


そうして、はじめてのご調教はおしまいになりました。
どきどきとわき上がる気持ちを抑えながら家に帰り、
ご主人様からのメールにお返事して、
(バレンタインの贈り物は大層気にいっていただけました。よかった……)
しあわせな気持ちを抱えて、眠りました。



余談ですが。
化粧をせずに家を出ていった娘が化粧をして帰ってきたら
親兄弟がタテヨコに揺れるほど動揺するだろうなあと思い
帰る途中のコンビニで車を停め、持っていた化粧落としで
顔を拭いたら、

ファンデーションのファの字もついてきませんでした。




| 逢瀬と調教 | COM(18) | | TB(0) | |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。