12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-05-23 (Thu)
当然のことながら、4月1日は辞令をいただく日でありました。
この日は車であたらしい職場まで向かい、引き継ぎを受けたあと
あたらしい仕事をはじめるなどして、着任早々残業をかますなど忙しい1日。

職場を出てから、駅を目指します。
もろもろの事情があって電車通勤することになりましたから、
定期券を買わねばなりません。
みどりの窓口で半年分の定期券を購入し、車に乗り込むと
わたしはほんの少し迷ってから……ご主人様にお電話をしました。

はじめてのお電話でした。

「もしもし?」
「もしもし、ご主人様。みぃです」
「どうした!?」

あとで聞きますと、ご主人様はこのとき、わたしがてっきりもう家に帰って
ゆっくりしているだろう、連絡はないだろうと思っていらしたらしく
かなりうろたえてしまった、とのことでした。

「いま、駅なんです。定期を買いました。
 1日目が無事に終わりましたから、ちゃんとお電話でご報告したかったのです」
「ああ、ああ、そうか。良かった。大変だったろう」

すこしお話をして電話を切り、この日は家に帰りました。
夜、またご主人様からお電話があり、翌日は家まで送ろう、と
おっしゃっていただけました。

翌日仕事が終わってご連絡しますと
職場の駐車場にご主人様のお車が(*´`*)
ご飯をご一緒させていただいて、家まで送っていただけました……。
家の前に車を停めて、しばらくご主人様とお話。
ぎゅうとしていただけたりキスをいただけたり、ああもうホント贅沢だなあ。


週が明けて、いよいよ仕事が本格化してくると
疲労は目に見えて溜まっていきました。
水曜日、仕事のあとご主人様にメールをお送りすると
時間は短いけれども送るだけなら、ということで
乗せていただけ、翌木曜日も甘えてしまいました(´・ω・`)

さすがに3日連続はあんまりだと思いましたし
ご主人様のお仕事のことも考えるとそこまでわがままは言えないと思い
金曜日は自力で帰りましたが、たぶんやっぱり
ご主人様と自宅前までご一緒できるという大変な特典に
結構な具合に舞い上がっておったのだろうなあと思います。


また週が明け、その週の週末は東京へ行くことになっていました。
金曜日から出発する手筈になっていましたので
この週はどうかなあ……と思っていたのですが、
ご主人様から
「1回は送るよ。これは俺が決めていることだから、
 このライセンスは考えて使うようにね」
というお言葉をいただいていましたので
じゃあ出発前の木曜日かなあとウスラボンヤリ考えていましたら
この週、ご主人様がご体調を崩されたというお話。

そりゃいかんじゃないか。

毎日メールを交わしながらご体調をうかがっていましたが
ご主人様自身、木曜日当日にその日が木曜日であることをお忘れになっており
(つまりこの週に送るのは木曜日がラストチャンスだということをお忘れになっていたのです)
わたしはわたしでご主人様のご体調が心配でしたから
ライセンスの延長はできんもんかなあと考えたりしていました。

が、結局のところ、送っていただけたのでありました(*´ω`*)


4月はそんなふうにして過ぎていきました。
東京から戻ったときに、一度、お逢いいただけたのですが、その話はまた次に(´∀`*)



| 日々の雑記 | COM(12) | | TB(0) | |
2013-06-05 (Wed)
連休中はご主人様のお仕事がお忙しく、お逢いすることはできませんでした。
もちろんわたしもステージの準備などがあって、連休はほとんどつぶれて
しまったのですけれどね。

次にお逢いできたのは、連休明け。
「送るだけならできるよ」、と、メールをいただいたのです。

……体調が、ガタガタのときでした。

駅に迎えに来ていただいたとき、余程、弱々しく笑ってしまったのか、
「どうした。具合、悪いんじゃないの」
とご心配いただき、「チョット」とちいさくお答えしたことでいよいよ
ご心配が深くなってしまいました。
この翌日病院にかかると、過労で腸が弱っているようだという診断。
ご主人様からは、「ステージも近いし、無理は禁物だよ」と釘を刺されました(´Д`;)


だいぶ調子も戻って、いよいよステージを目前に控えたころ、
また、送っていただけるチャンスがありました。
しかも今度はお夕飯をご一緒していただけるとのこと。うれし(*´ω`*)
生まれてはじめて「松屋」に入り、ふたりでもぐもぐ。
「少し食べ過ぎたなぁ」とお車の中でお話しになるご主人様が、
ちょっぴり心配でもあり、とてもいとおしかった夜でした。


その数日後がステージ本番でした。
ご主人様が「みぃのステージ、観に行けそうだよ」とおっしゃっていたので、
わたしは本番中にもかかわらず舞台上から客席ガン見でご主人様を探しましたが
結局ラストまでご主人さまの姿は見つかりませんでした(´・ω・`)
急にお仕事が入ったのかな。
もしかしたらご体調を崩されたのかしら。
そんなことを考えつつも、いつもの何倍もはっちゃけたステージを終え
お客様のお見送りに出ましたら

ご主人様!!

うわー、とばかりに、駆けよってしまいます。
ほんとうにいらしてくださった……ご覧いただけた!
嬉しくて、嬉しくて、うっかり泣いてしまいそうで。
「どうしたぁ。大丈夫大丈夫。よかったよ、またあとでメールする」
ぎゅ、と、手を握っていただけました。
そのあと、お褒めの言葉をたくさんいただき、ホクホクな気分にて
日々を過ごしておりました。

ときどきはほんの少しの寂しさを感じながら。


5月、最後にお逢いできたのは、やっぱり、仕事帰りでした。



| 日々の雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-06-09 (Sun)
時系列がようやくリアルになりました。

「送ることができるかどうかわからない」とおっしゃっていただいていたこの週、
わたしも月初めゆえに仕事がバタバタとしていました。
それでも夕方にはちまちまメールをお送りし、木曜日の夜、お帰りを
ご一緒させていただくことができました。

土曜日が毎年恒例の人間ドックのため
お夕飯をご一緒させていただきながら、あしたは消化にいいものをお食べね、といった
アドヴァイスをいただき、のんびりとした時間を過ごしました。

気になっていたのは、人間ドックから連なる週末のことでした。

以前、どうしても行きたい場所があって
ご主人様にお話させていただいてて、どうせならわたしの誕生日が日曜なので
ご一緒できたら、というお話をしていたのです。

ささやかな願いではありましたが。

ここ数年間、誕生日にいい記憶があまりなかったもので
なんとか、休みを確保できるようにするよ、土曜日から引き続いて、との
お言葉がとても嬉しかったのです。

土曜がお昼まで人間ドックですから
そのあとにお逢いして、もしかしてお泊まりなんかできたら嬉しいし、
ずっとひとりで訪れていた(そりゃ親兄弟とも行きましたが)某場所に、
ご主人様と行けるんだ、というので、この1週間完全にそれだけのために
仕事がんばっていたと思います(笑)

家の前にお車を停めていただいて、「週末は大丈夫な感じですか?」と
お伺いしますと、土曜日は病院に迎えに行くよ、とおっしゃっていただきました。
「じゃあ、お泊まりの支度して病院に行きます」

「あ……泊まりは……ちょっと無理かな」

え。

「じゃあ日曜日は……」
「うん……難しい。だから土曜日長くいられるようにしたよ」

にわかにゆるゆると寂しくなりました。
お伺いすれば、月曜日がお仕事で、日曜日もそのご準備でお忙しいとのこと。
大人の事情にわがままをぬかすほどわたしも子どもではないつもりだけど、

だけど。

「ぎりぎりまで調整してみるから。
 土曜日一緒に過ごして、日曜日、朝から出かけられるように」

そうおっしゃっていただいて、嬉しい一方、
どうかご無理はなさらないでくださいねと、わたしは大丈夫ですからと、
誰にそんな取り繕う必要があるのか、何故か必死にそう言っていました。


いい子でいようとしたのかもしれません。


なにかが壊れることを、恐れたのかもしれません。

それは経験に裏打ちされた、自己防衛だったのかも、と、なんとなく思います。



| 日々の雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-06-10 (Mon)
誕生日の朝。

携帯をマナーモードにしていたまま眠っていたらしく、目覚ましも鳴らなかった
そんな朝でしたが、

わたしはきっかり10時に目をさましました。

そうして、自分の現金さを心から恥じ入りました。

昨夜ご主人様には「我慢します」って申し上げたばっかりなのに。
わたしの深層心理はアレか。電話する気満々だったのか。


携帯を覗けば、昨夜ご主人様がご自宅にお帰りになったときのメールが
未読のまま残っていました。
帰りつかれるまでお待ち申し上げるつもりだったのに、この身体め。

おはようございます、のメールをお送りして、わたしは布団の中で
ぐるぐるうにうにとしていました。
またほろほろと涙がこぼれていました。


ぶっちゃけて考えようか。
いま弟に「車出せ!」と言えば、間に合うっちゃあ間に合うような気がする。
電車はどうだ。
(……検索……)10時台の電車に乗れば、ギリギリだけど、間に合うはず。

だけどひとりじゃ行かないって約束した。
弟も休みたかろう。

1時間、布団で悶えて、もうどうしたって間に合わないって時間まで横になって、
それからわたしは起きて着替えました。
このころにはもう泣きやんでいました。



――――アレだよ。
試験勉強しろって神様が言ってんだよ。

数日後にわたしはひとつ試験を控えていました。
もちろん仕事の行き帰りにテキストは開いていますが、
そうとでも思わないと自分自身を納得させることはできなさそうでした。



ここ何年も、誕生日にはあんまりいい思い出がありません。

実は亡くなった父の葬式が開かれたのは、わたしの誕生日でした。
このときも(当然ながら)イベント行きは断念しています。

その後も、いつだって誕生日は仕事か稽古に流れていき
まー見事にご馳走もケーキも食べる余裕などなく
イベントに行く余裕もまったくなく……
「誕生日にキャ○デコ片手に「おめでとう」ゆーてくれる彼氏を探す!!」と
昔、親兄弟には息巻いたものですが夢はいまのところ叶っていなく(´∀`;)
まあ現実的に考えたらアレな話ですから別に叶わなくともよいのですけど
流石に自分でキャラ○コ買って自分でおめでとうするのは嫌ですし(笑)
そんなんしたらキ○ラデコワンホール自分ひとりで食べるハメになりそうですし。


今回行きたかった最後のイベントは、一昨年ひとりで行ったイベントでした。
当時スタッフさんに撮っていただいた写真が残っています
(誕生日当日だと、無料で撮ってくださるのです)。
一昨年の誕生日は何曜日だったのだろう。
いま調べたら木曜日でした。月初めだけど、仕事休みとれたんだろうなぁ。
傘を持っているということは雨だったのか。
いろんなことを思い出しつつ。



目覚めてすぐにめそめそ泣いてた、
ご馳走も、ケーキもなかった、
弟にはギリギリ遠慮がちに「おめでと」って言ってもらえた、
結局どこにも行かず1日中パソコンパタパタ打ってただけだった
そんな今年の誕生日。

ご主人様に、「おめでとう」って、抱きしめていただいたことが、
今年の誕生日一番のイベントです。



ありがとうございます。ご主人様。



| 日々の雑記 | COM(6) | | TB(0) | |
2013-06-15 (Sat)
「きょうは、お帰り、ご一緒できたりしますか」

――――ご主人様にメールをお送りしたのは、昼休みも終わろうかと
いうところでした。

普段そんな時間にメールを送ったりはしないので、お仕事に
出かけようとされていたご主人様は大層驚かれたそうです。
2時間近くたって、「送るだけなら、なんとか、時間作れるかも」と
いうお返事を頂戴しました。

わたしの仕事が終わって駅に向かうころ、ご主人様が先に駅に到着されていました。
駅の表口で待つご主人様を見つけて、なんというかまるでわんこのように
嬉しそうな顔をして近づく様子に、ご主人様は苦笑されながら
「たく、もう」
とおっしゃいます。
車に乗って、走り出した直後、ご主人様が

「今週は難しいって、言ったじゃないか」

とおっしゃって、わたしの鼻をつーんとつまみました。

「あう」
「鼻つまみしてやる」
「うー」

ごめんなさい、と申し上げつつも、ご主人様のお車に乗せていただき
送っていただけることが、嬉しくてたまらなくて。
多分ホントに嬉しそうな顔だったのだと思います。

「なーにニコニコしてるんだっ」
「ごめんなさい(´・ω・`)」

でも、ご主人様のお顔が終始苦笑気味でしたので、
わたしはくすぐったい嬉しさを感じていました。

「ごめんなさいじゃないだろう。ありがとうございます、だろう」
「はい、ありがとうございます」

車の中ではほとんどわたしの好きなものについてのお話をし
行きたいところなどのお話もし
きょうはご主人様のおっしゃる通り夕飯まではできなかったので
あっという間に家に着きました。

まだ外は明るかったのですが
ご主人様は抱き寄せてくださって、キスをくださいます。
「いい子いい子」
ただにこにこして、ご主人様にくっついて。


――――ほんとうは。
きょう、どうしても、ご主人様にお逢いしたかったのです。
いつかエントリーにして「お焚き上げ」するつもりでいますが、
きのうからすこしだけ、わたしは揺れていました。
別にご主人様への想いがどうのこうのではなく、
それは過去の記憶に連なる、ちょっとした動揺でした。


けれど、きょうお逢いできて、ほんとうに、
心から安心できるかたはこのかただけだと再確認しました。
なかなか車から降りたくなくて――――しかたなくて。

「あしたは、また稽古?」
「です」
「そうか」

ご主人様の手が、わたしの手をぎゅうと包んでくださいました。

「稽古がうまくいきますように。稽古がうまくいきますように」

そのつぶやきが、とても、嬉しくて、心地よくて。
ご主人様わたしの手を包みながら、指先に目をとめられました。
いつもよりずっと車の中が明るかった、というのもあったでしょうが、
きのうのエントリーをご覧になったのかもしれません。

「ああ、綺麗になってきてるね。よかった。よかった」

両の手や爪を撫でられながら、

「うん、皮膚も、綺麗になってるし、大丈夫だね。ちゃんと元気になってるね」
「はい(*´`*)」
「すこしずつね。すこしずつ、やってこう」

ご主人様の牝犬ですもの。
すこしずつ、いっぽいっぽ、頑張ります。


「いいかい、ありがとうございます、で、いいんだからね」
「はぁい」
「ようし。……俺はこれからまた仕事(笑)」
「ご無理なさいませず」
「大丈夫、無茶は、していないからね」
「お帰り、お気をつけて」
「うん」


そんな会話で、ご主人様のお車は走り出していきました。
わたしは玄関先から、ご主人様のお車が小さくなるまで見送りました。


――元気出た。(*´ω`*)

ブレないように、自分をもっていよう。
いっぽいっぽ、歩いていこう。



| 日々の雑記 | COM(8) | | TB(0) | |