12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-03-24 (Sun)
にゅー、という感じで、わたしは自分で、ご主人様の上に
腰を落としました。

「ふ……う」

すでにずぶずぶと濡れていましたから、それだけで、気持ちよくて。
でも、いわゆる騎乗位の経験がなかったわたしは、
このあとどうしたらいいのかさっぱりわかりませんでした。
……漫画とかAVとかだと、女のひとの身体が上下上下してるよなあ。

けれども、自分の身体は、まるでなにかを知っているかのように、
ゆるゆると腰を動かし始めていました。

「そのまま腰を振って。浮かさなくていいから」

ご主人様のものを、自分の中で感じながら、わたしの腰の動きは
次第に激しくなっていったように……記憶しています。
乳首と胸をぎゅうううとつかまれて、
「あ―――――」と、泣き声にも近い声が出て……。
いったいどのタイミングでそうなったのか、それも覚えてはいませんが
「いいよ、イッて」
とおっしゃっていただいた直後、頭の中で、ばちんと音がしたような
気がしました。
ふわりとご主人様の胸に倒れこんだわたしを起こしながら、ご主人様は
低く、優しい声で、おっしゃいました。

「これが、オーガズムって、いうんだよ」

ああまた性教育の授業……と、心がニヤニヤした瞬間から先の記憶が

あ り ま せ ん 。

のちにご主人様から伺った話によると、際限なく腰を振ってイッてた、らしいです。
首なんかもヤバいくらいガクンガクンさせていたようで、
ご主人様はその様子をごらんになりながら、
これはまずいと思った段階で身体を引きよせたりして止めてくださったということでした。
でもずいぶんと長いこと、ご主人様とは繋がっていたように思います。

遠くなりかける意識の中で「俺の牝犬」とお呼びいただいたのは記憶にあります。
そして、繋がったままご主人様の胸の上に身体を預けていたときに、
お尻を撫でていただきながら、
「みぃのお尻は丸くていいね。とても好みだよ」
とおっしゃっていただけました。
「ありがとうございます…………」
「次からはジーパンをはいてきていいよ、お尻の形がわかるからね」
え、いいの?
この業界(業界!?)ではスカートを要求するご主人様が多いように思いましたので
またカルチャーショック。
しかしそもそもわたしは私服にジーパンをはくことが多く、最初のお茶のときにも
そんな話をさせていただいていましたので、今後は
とりあえずジーパンとスカートのローテーションでいこうと思いました。
そんなことが少し頭をかすめた瞬間に、

スパーン

「ひう!」
お尻を叩かれました。
「叩き心地もいい」
右を、左を、ご主人様と繋がったままで……スパンスパンと叩かれます。
そのたびに声が出て。このときは、意識が明晰だったように思います。

何度目かにご主人様の胸に倒れこんだあと、「降りなさい」と
言われました。そのときのわたしの顔が「物足りぬ」と言っていたのか、どうなのか、
「きょうはもうだめ。コンドームのおかわりがないからね」
と頭を撫でられ、下のほうに促されます。
舐めなさい、ということかな。
そう思って、舌を出したら、「こら」と声が飛びます。
「ありがとうございました、って挨拶してからだよ。
 これ(=ご主人様の陰茎)が、一番大切なのだからね」
はい、とお返事して、ありがとうございました、とお辞儀をし
するすると舌を這わせます。
「うん、顔を横にして、そう、ハーモニカを吹くみたいにね。逆も同じように」
そうして、ふかくふかく頬張って……

わたしの口には根元まで入りきらないくらい、ご主人様のは大きいのですが、
頑張って頬張っていましたら、ご主人様がわたしの頭をつかんで動かしました。
「う、うー」
そこに自分の意思はなく、なされるがまま。
けれども、とても、しあわせで…………

くるしい。くるしい。でも、でも、どうか、このまま、時間が止まればいい。

そんなことを思っていたら、口の中のものが一層膨らみました。
「!」
口の天井になにかが当たる感触があって、口中に不思議な味が広がります。

ああ。
お出しいただいた。

その瞬間のわたしはずいぶん不思議な顔をしていたらしく、ご主人様が
「吐きだす?」とおっしゃりながらティッシュに手をのばされたのですが
わたしはふるふる首を振り、
若干口の中でくちゅくちゅとテイスティングしたあと(何故)飲みこんで、
「いただきました」
と笑いました。たぶん笑ったと思います。
抱き寄せていただいて、「いい子」と頭を撫でてくださいました。


ベッドは(たぶん)汗でびたびたになっていましたので、場所を探しつつ、
そのまま……ご主人様の胸で、うとうとと、させていただきました。

静かに、しあわせな時間が、流れていました。




| 逢瀬と調教 | COM(12) | | TB(0) | |