12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-05-06 (Mon)
4回目にお逢いすることが決まったとき、
すでにわたしは職場の異動が決定していました。
忙しい最中でしたが旧職場で年休消化をしなければならず
その日に、ご主人様のお時間がとれ、お逢いいただけることに。

待ち合わせの場所は、これまでのショッピングモールではなく
わたしの自宅に近いスーパーの駐車場。
異動先の職場はご主人様のご自宅やお仕事の範囲内に近いし
今回はわたしの自宅近くまでいらしていただけるということで
だんだんとご主人様との距離が近くなってゆくような気がしていました。

お逢いして、ご主人様のお車に乗り込みます。
今回もお昼ご飯をご一緒できるということでしたので、どちらへ
ご一緒できるのだろうと((o(´∀`)o))ワクワク

「県外へ出ていこうと思うんだ」

高速に乗って、隣県の、ご主人様がお気に入りになさってたラーメン屋さんに
連れて行ってくださるとのこと。
お天気も良く、とっても素敵なドライブ日和(*´ω`*)

電車でなら頻繁に訪れるところでしたが、車でははじめて立ち入るその場所に、
ご主人様おすすめのラーメン屋さんはありました。
替玉制度がないという、わりあい珍しいそのお店で
ラーメンと、ご主人様のご注文されたギョーザをいただきましたが
なかなか美味しい! お気に入りがまたひとつ増えました(´∀`)

帰りは高速ではなく、一般道を通っていくことに。
途中、道路わきに満開の桜がぶわーっと並んでいて

「うわー! ご主人様、桜ですよ! 綺麗! すごく綺麗!!」

助手席ではしゃぐ30代(笑)

「いいね、綺麗だねえ。こんなところにも咲いてたんだなあ」

思いがけず、ご主人様とのお花見ができました。うれし(*´∀`*)


時間はだんだんくだっていきました。
ぎゅーっと手を握っていただきながら、実を言うと、
きょうはもうこのままさよならになるのかな? と……
すこし残念な気分になっていました。
ちょっとお時間夕方に近くもなっていましたしね。この贅沢もんが。

するとそんな心を見透かされたのか、ご主人様がぽつり。

「きょうはね、ちょっと違うところに行くからね」
「違うところ?」
「待ち合わせた場所に近いホテルのほうが、みぃが帰りやすいからね」

あ、
行かれるおつもりでしたか Σ (゚Д゚;)

ありがとうございますとは言いつつも
そんなお心遣いをいただき恐縮してしまいました(*ノノ)


県内ではなかなかに知名度のあるホテル(しかし当然未経験)に
すべってゆく、ご主人様の車。
4回目とはいえまだすこーし緊張の色が隠せない自分。
それでも部屋に入るとあちこち見て回ってしまう。まるで子供(笑)

すぐに、ふわっと、それでいてぎゅっと抱きしめていただいて、息がつまります。
どきどきどきどきどきどき。
自分の身体が、一個体の「もの」になる、感覚。
その感覚に心奪われ、うっとりしていたら、

ご主人様の身体が、わたしごと、動きました。



| 逢瀬と調教 | COM(6) | | TB(0) | |
2013-05-07 (Tue)
「こっち」と囁かれながら、歩みを進めさせられたのは、
洗面所の鏡の前でした。

もうすでに顔が上気していて、ご主人様のお手は胸をやわやわと
揉んでいらっしゃるし、それを鏡で見るの!!?? と、正直……
そこから走り去りたい気分だったのですが……動けなくて。
目を伏せたり顔をそらしたりしますが

「こら、ちゃんと見なさい」
「いやぁ……」

恥ずかしい。こりゃ恥ずかしい。
そのあとはソファーに移動しなおし、ご主人様のお膝の上に。
首に腕を回させていただくと、ご主人様のお手が腿だの膝だのを這います。

「ううー、ううー」

びくっ、びくっと身体が震える……ああ、気持ちいいんだ。
さっき、鏡の前で、自分の姿を見て、たぶん、興奮してる。
ご主人様は長いことわたしの身体を撫でたり、つねったりしておいででした。
身体全体がきもちよくなって、はあはあと荒い息をはじめたころ……

「みぃ、服を脱ぎなさい」
「は……、……ここで、ですか?」
「そう。俺の目の前で」
「え」
「はやく」

人前で、見られているのがわかっていて、自分で服を脱ぐのははじめてです。
時間がすこしかかりましたが、ゆっくりゆっくり脱ぎます……

と て つ も な く 恥 ず か し い

ブラとショーツだけになって、ご主人様の前に立ちましたが
それはご主人様の手でひきはがされました。
……この日もパンティーライナー装着済みだったので
濡れていることはしっかり指摘されてしまいました……

ご主人様の前で丸裸になって、もじもじとしていたら
またしても鏡の前へ連行されてしまいます。

「いやああああ」
「ほら、ちゃんと見る!」

身体もねじれず、鏡の中の自分を見るしかなく、
身体中を這うご主人様の手に感じてしまっている自分は……まるで、別人でした。

「みぃは……どんな顔をしているかな?」
「きもちいい……いやらしい、顔を、しています……」
「感じているんだね。俺の牝犬」

鏡の中の自分は自分じゃないように見えました。
自分はこんなにもいやらしい顔をするんだ……はじめて見た……

「座りなさい」

そのまま、ご主人様のものにご奉仕させていただきます。
それでもやっぱり真横に鏡が。

「…………!!」
「鏡を見ながらしゃぶってごらん。いやらしいみぃがうつっているよ」
「うう……んー」

こんな……客観的に、ご奉仕中の自分を見ることなんてなかったから……
いやらしい。恥ずかしい。でも…………きもちいい…………
とんでもなく、ドキドキしている、自分がいました。


お風呂に入りますと、ご主人様が椅子に腰かけられました。
足を大きく広げられましたので、わたしはボディーソープを手にとって
丁寧に……丁寧に、ご主人様のものを洗わせていただきます。
すでに大きくなりかけているご主人様のそこ。
前回だったか、ご主人様はどこが一番お感じになるのか、を
教えていただいたところでしたので、そこを重点的に丁寧に。

お湯で泡を流すと、今度は浴槽の縁にお腰かけになりました。
わたしに椅子に座るように促されましたので、わたしはご奉仕をはじめます。

しばらくして、手をお椀のような形にさせられました。

あ、出していただけるのだ。

ほどなくご主人様のおしっこがあふれだし、わたしは思わず飲もうとしましたが

「飲まなくていいよ。きょうは手で受けなさい」

手で受けたものを身体にかけ、またご主人様自身もわたしの身体に
お掛けになり、おっしゃったことには

「また、俺の匂いがついたね」

……嬉しくなりました(´`*)



お風呂からあがると、首輪が待っていました。

この瞬間が、わたしは、大好きです。



| 逢瀬と調教 | COM(6) | | TB(0) | |
2013-05-22 (Wed)
首輪をはめていただくと、わたしの身体はベッドに引き倒されました。
やはりきれいにしていた恥丘に目をとめられ、ご主人様がそこに
お顔をうずめられます。

「あう……」

あわせて、わたしもご主人様のものを口に含みますが
すぐ体勢が代わり、今度はわたしがご主人様の上で同じことを。
ずっ、ずっ、と、とてもいやらしい音が響いていました。

そのあとは上に乗るようにご命令をいただき、そのようにしました。



この日がどうしてそうだったのかまったくわからないのですが

痛いのです。

もちろんこれまでも、ご主人様に跨らせていただいたとき
コツコツと「当たる」感触がありまして
痛気持ちいいというかゾクゾクしたものですが

なんかそれ以上に痛いのです。
イヤ気持ちいいのも確かだったんですが

コツコツどころの騒ぎじゃなく
ゴツゴツといった感じで

なんだコレご主人様まさか 伸 び た ? とまで思ってしまう始末(汗)

喉の奥で「ぐうう」と低く唸りながら腰を振っていると
すごい短い時間でイキました。
くたっと倒れこむと、ご主人様はわたしのお尻に手をのばされて
もにゅもにゅと揉まれます。

「はう」

叩かないのか……と思いつつも、ご主人様のが入ったまま
汗でべたべたな状態でそのまま身体を預けていましたら
ご主人様の手がアナル周辺を揉みはじめました。

「ヒャア」
「大丈夫、入れたりはしないからね。……きもちいいの?」
「わかんないっ、わかんないですっ」
「アナルのあたりを揉むとね、みぃ、締まるんだよ」
「ええっ」

もみゅもみゅ。

「ひぅっ」
「ほら締まった。面白いね。みぃはアナルでも感じるんだね」

もみゅもみゅ。

また、イッてしまいそうになる…………

「あ……あ、きもちいい……きもちいいです……」
「そうだね。気持ちいいね」

そのあと、すぐ、ご主人様は体勢を代えられて
正常位でわたしの中に入ってこられました。

いや……やっぱりコレなんか長い!! 前回より大きい!!
目の前がぐるぐるとして、「突かれる」感覚に、なにもわからなくなります。
ただ壊れたテープレコーダーのように、喘ぎ声だけが口から洩れて。ですが

「出る」

ご主人様のその言葉は、はっきりと耳に届きました。

えええええええええ??!!
出るってなにが!?

なにがなんなんだかわからない状態で余計混乱した瞬間、ご主人様のものが
ずるりと抜かれ、わたしの身体から離れました。
コンドームが……中も外も、真っ白になっていました……

出るってソレのことだったのか……(今更)

けれどもすぐ、ちょちょちょちょっと待て、と思いました。
いえ、別に中で出していただくぶんにはコンドームもあることですし
いっこうに気にしてはいないのですが(わたしは薬も飲んでいますしね)

はじめてだ!

と。
これまでご主人様はわたしの口中にお出しになることばかりで
中でって……まさかのことでした。


「気持ちよかったよ、みぃ。いい子だ」
そんな嬉しいお言葉を頂戴しながら、再びお風呂に入って帰り仕度。
いつもよりうんと短いお時間だった、というのもあって、
(それでもお花見とかラーメンとかで満たされた感はありましたが)
スーパーの駐車場に到着したときににわかに寂しさがよみがえりましたけれど、
ご主人様は額にキスをくださりながらおっしゃいました。

「仕事はもっと大変になると思うけれど、帰りにどうしても疲れていたら
 送ってあげることもできるからね。ちゃんと言うんだよ」
「ハイ……」

このまま車に移ってしまうのがとても惜しいけれど……
後ろ髪ひかれるような思いで、手を振りました。

その夜、ご主人様からメールをいただきました。


『今日のみぃは、私の心と身体を満たす事、
 本当に良くこなしてくれましたね。とても嬉しいです』


(*´ω`*)

わたしもとてもうれしいです。

わん。




| 逢瀬と調教 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-05-23 (Thu)
当然のことながら、4月1日は辞令をいただく日でありました。
この日は車であたらしい職場まで向かい、引き継ぎを受けたあと
あたらしい仕事をはじめるなどして、着任早々残業をかますなど忙しい1日。

職場を出てから、駅を目指します。
もろもろの事情があって電車通勤することになりましたから、
定期券を買わねばなりません。
みどりの窓口で半年分の定期券を購入し、車に乗り込むと
わたしはほんの少し迷ってから……ご主人様にお電話をしました。

はじめてのお電話でした。

「もしもし?」
「もしもし、ご主人様。みぃです」
「どうした!?」

あとで聞きますと、ご主人様はこのとき、わたしがてっきりもう家に帰って
ゆっくりしているだろう、連絡はないだろうと思っていらしたらしく
かなりうろたえてしまった、とのことでした。

「いま、駅なんです。定期を買いました。
 1日目が無事に終わりましたから、ちゃんとお電話でご報告したかったのです」
「ああ、ああ、そうか。良かった。大変だったろう」

すこしお話をして電話を切り、この日は家に帰りました。
夜、またご主人様からお電話があり、翌日は家まで送ろう、と
おっしゃっていただけました。

翌日仕事が終わってご連絡しますと
職場の駐車場にご主人様のお車が(*´`*)
ご飯をご一緒させていただいて、家まで送っていただけました……。
家の前に車を停めて、しばらくご主人様とお話。
ぎゅうとしていただけたりキスをいただけたり、ああもうホント贅沢だなあ。


週が明けて、いよいよ仕事が本格化してくると
疲労は目に見えて溜まっていきました。
水曜日、仕事のあとご主人様にメールをお送りすると
時間は短いけれども送るだけなら、ということで
乗せていただけ、翌木曜日も甘えてしまいました(´・ω・`)

さすがに3日連続はあんまりだと思いましたし
ご主人様のお仕事のことも考えるとそこまでわがままは言えないと思い
金曜日は自力で帰りましたが、たぶんやっぱり
ご主人様と自宅前までご一緒できるという大変な特典に
結構な具合に舞い上がっておったのだろうなあと思います。


また週が明け、その週の週末は東京へ行くことになっていました。
金曜日から出発する手筈になっていましたので
この週はどうかなあ……と思っていたのですが、
ご主人様から
「1回は送るよ。これは俺が決めていることだから、
 このライセンスは考えて使うようにね」
というお言葉をいただいていましたので
じゃあ出発前の木曜日かなあとウスラボンヤリ考えていましたら
この週、ご主人様がご体調を崩されたというお話。

そりゃいかんじゃないか。

毎日メールを交わしながらご体調をうかがっていましたが
ご主人様自身、木曜日当日にその日が木曜日であることをお忘れになっており
(つまりこの週に送るのは木曜日がラストチャンスだということをお忘れになっていたのです)
わたしはわたしでご主人様のご体調が心配でしたから
ライセンスの延長はできんもんかなあと考えたりしていました。

が、結局のところ、送っていただけたのでありました(*´ω`*)


4月はそんなふうにして過ぎていきました。
東京から戻ったときに、一度、お逢いいただけたのですが、その話はまた次に(´∀`*)



| 日々の雑記 | COM(12) | | TB(0) | |