123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-06-02 (Sun)
所用のため東京に出かけたあと、すぐまた、ご主人様とお逢いいただくことができました。
もちろんいろいろとヘトヘトではありましたが(笑)、この日はご主人様もお仕事で、
夕方近くになってお身体が空くということでしたから
それまではとてものんびりさせていただきました。

午後3時、ご主人様から「いま仕事が終わったよ」とのお電話。
待ち合わせをするには、ちょうどその日車がなく、ご主人様が
わたしの家までお迎えに来てくださることに! ワア贅沢!!

ご到着までおそらく40分程度。わたしは慌てて支度をはじめましたが
化粧終盤でご主人様から「着いたよー」とのお電話(笑) 早!! ヒイイイイ。
すぐ参ります、とお返事して、口紅完了させて家を飛び出しました。


夕方の時間。
こんな遅い時間に、仕事帰りでもないのにお逢いするのははじめてで、
ちょっぴりドキドキとしていました。
いやまァ行くところは決まっちゃいたのですけれど(台無し)。

前回お邪魔したホテルにもう一度。
少し広めのお部屋に入ることができました。

すぐ、ソファーで抱っこしていただき、すすすすすとご主人様の手が太ももに。
「もう濡れているのではない?」
「そんなことありません……」
「確かめるから立ちなさい」

(´・ω・`)うー。

というような顔をしながら立ちあがると、レギンスごとずるりとショーツを
引き剥がされ、ヒャアと声が出てしまう……
「ほら濡れていた」
全部脱がされて、また鏡の前へ。
今度は前回よりも、すこしはっきりと自分の姿を見ることができましたが
それでも恥ずかしさには変わらない。
ひとしきり鏡の前で羞恥感を煽られたあと、お風呂がたまるまでの間、
部屋着を着ておくことをお許しいただきました。



お風呂に入ろうとしたときに
部屋着のお尻のあたりがべっとり濡れていたことに、わたしはひそやかに気がついて
(*ノノ)こんなんなっておりました。

お風呂でご主人様のお身体を洗わせていただいたあと、ふたりで大変浅い湯船につかりました。
なんであのお風呂はあんなに浅いのか。風呂桶の設計ミスか(汗)


お風呂からあがると、ご主人様はわたしに首輪をくださいます。
マッサージチェアでくつろぐご主人様が、リードをひいて、わたしを座らせ
ご自身の股間に促しました。
失礼します、と申し上げて手をのばすと、そこはもうすでに大きくなっていて……
わたしは多分、恍惚としながら、ご主人様の陰茎にご奉仕をしていました。

「みぃの奥に注ぎ込むと決めたら……ゴムなしにするからね」
「はひ」

いつかそうしてくださることを夢見て、わたしは丁寧にコンドームを
つけさせていただきます。まだなかなかうまくいかなくて、途中で絡んじゃう(汗)
スムーズにつけられるようにもしたいところ。


ベッドに移動し、わたしが上になり、ご主人様をずぶりと埋めると、
すぐに快感が身体を貫きます。
きょうはそれだけでとどまらず、ご主人様はわたしの首輪から伸びるリードを使って
わたしの手首を前に縛っていきました。
(欲張ったこと言うと、後ろ手だとなお興奮したかなと……/汗)

「ああっ」

身体のバランスが崩れかけるところを、ご主人様が激しく突きます。

「ひあっ、あ、や、ご主人様、」

ご主人様の指がクリトリスをこりこりと責め……

「やめて、やめてください、ご主人様、だめ、気持ちい、い、やめてえ」

喘ぐわたしに、ご主人様はぽつりと、しかし冷たく

「やめるわけがないだろう」

ごもっともでした――――――――!!!!
それからそんなに時間はかからず、あっという間にイキました……

そのあとすぐ、ご主人様は体位をお変えになりました。
相変わらず好きと思っている割には慣れない正常位(´Д`;)
ご主人様の瞳に、なんもかんも吸い込まれていきそうで……

「中でいくよ」

ああ、また、中でイッてくださるのだ。嬉しい。嬉しい。
ご主人様の陰茎が、中で大きくなるのがとてもよくわかる。
ほどなく、ずるりと抜かれ、ゴムを外しながらご主人様は

「いずれこの中身を飲ませたいね。まだ少しあとになるかもしれないけど」

はい、と答えはしたものの、飲めるかな……と、ほんのすこし不安が先に(笑)
直接いただくのと違うから、味とか変わってやしないかとか思ったのかな(´∀`;)
それでもいろいろ試してみたく思うのがわたしの性。
その日をお待ちしております、ご主人様(*´ω`*)


しばしベッドで添い寝。うううんしあわせ。
時間があるようでないようなこの日、まだもう少し続くのであります。



| 逢瀬と調教 | COM(2) | | TB(0) | |
2013-06-03 (Mon)
添い寝しながらも、ご主人様はずっとわたしの乳首をいじめてくださっていました。
時折手を止めながら、わたしをじっと見るその瞳がとても冷たくて、
わたしは何度も気持ち良くなりながら、声を上げていました。

何度目かにご主人様の手が止まったときに、ご主人様はわたしをじっと見つめていました。
まるで操られているかのように、わたしの口から、言葉が漏れました。

「ご主人様………

 わたしを……たくさんいじめて……

 たくさん、遣って………」

そのあと、もうひとこと、付け加えようとしたのですが、
さすがに不遜すぎる気がして、

「…………くだ、さい」

と締めましたら、ご主人様が低く低くおっしゃいました。

「まだあるだろう」

「――――――」

「――愉しんでください――だ」

まさにわたしが付け加えようとして、若干の理性でとどまった言葉でした。
あ、言ってよかったのかソレ、とまで思ったくらいでした(汗)


ひとしきり乳首を噛まれるようにいじめられたあと、
部屋着を脱がされました。
ベッドに腰かけたご主人様がなにかをカシャカシャと振るのが、遠くに見えました。

なんぞアレ。

そのあとすぐ――――身体に「ソレ」が垂らされます。
うわ、水っぽい。
ご主人様のあたたかい舌が、身体を這って、気持ちいい…………
口移しで、カップの中身をいただくと、液体と固体が混ざったものが、
ずるりと口の中に流れ込んできました。
不思議な顔をしたわたしにお気づきになったのでしょう、ご主人様がお尋ねになりました。

「初めてかい? ド○リッチは嫌い?」

「!」

ここここれが噂のド○リッチ!!!!
生まれて初めて口にしました、と申し上げると、そう、とおっしゃって、続行されました。
とにかく流れ落ちないようにするのが大変だったようで
かけちゃあ舐めかけちゃあ舐めといった繰り返しだったのですが、
ご主人様がほんとうに満足そうに

「ド○リッチの匂いのする女……、いや、ド○リッチの匂いのする、牝犬か。ふふ」

とおっしゃりながら舌を這わしてゆかれるのに、多分何回かイッたような気さえします。


そのあと、シャワーも浴びずに、わたしはド○リッチの匂いをまとったまま
ベッドの中でご主人様のおそばにいました。

「……ご主人様、ごめんなさい」

「なにが?」

「なんだかわたしだけ気持ちよくなっているような気がします」

すこしの沈黙があって、

「あいた」

ぺこんとおでこをはじかれました。

「それは違うよ、みぃ。俺が気持ちいいと思わなかったらみぃの中で出したりしない」

「うぅ」

「俺はちゃんとみぃに気持ちよくしてもらっているよ」

なんとなく自信がなかったのです。
わたしはしっかりご主人様にお仕えできているのか、ご満足いただいているのか……
でも、ちゃんと聞けて、よかったと思いました。

もっと頑張らなきゃ(`・ω・´)


それからすこし休んで、お風呂に入って、ホテルをあとにしました。
近所のファミレスでお夕飯をご一緒させていただいて、家まで送っていただいて。
時間は短かったですが、とても素敵なお時間でした(*´ω`*)



| 逢瀬と調教 | COM(6) | | TB(0) | |
2013-06-05 (Wed)
連休中はご主人様のお仕事がお忙しく、お逢いすることはできませんでした。
もちろんわたしもステージの準備などがあって、連休はほとんどつぶれて
しまったのですけれどね。

次にお逢いできたのは、連休明け。
「送るだけならできるよ」、と、メールをいただいたのです。

……体調が、ガタガタのときでした。

駅に迎えに来ていただいたとき、余程、弱々しく笑ってしまったのか、
「どうした。具合、悪いんじゃないの」
とご心配いただき、「チョット」とちいさくお答えしたことでいよいよ
ご心配が深くなってしまいました。
この翌日病院にかかると、過労で腸が弱っているようだという診断。
ご主人様からは、「ステージも近いし、無理は禁物だよ」と釘を刺されました(´Д`;)


だいぶ調子も戻って、いよいよステージを目前に控えたころ、
また、送っていただけるチャンスがありました。
しかも今度はお夕飯をご一緒していただけるとのこと。うれし(*´ω`*)
生まれてはじめて「松屋」に入り、ふたりでもぐもぐ。
「少し食べ過ぎたなぁ」とお車の中でお話しになるご主人様が、
ちょっぴり心配でもあり、とてもいとおしかった夜でした。


その数日後がステージ本番でした。
ご主人様が「みぃのステージ、観に行けそうだよ」とおっしゃっていたので、
わたしは本番中にもかかわらず舞台上から客席ガン見でご主人様を探しましたが
結局ラストまでご主人さまの姿は見つかりませんでした(´・ω・`)
急にお仕事が入ったのかな。
もしかしたらご体調を崩されたのかしら。
そんなことを考えつつも、いつもの何倍もはっちゃけたステージを終え
お客様のお見送りに出ましたら

ご主人様!!

うわー、とばかりに、駆けよってしまいます。
ほんとうにいらしてくださった……ご覧いただけた!
嬉しくて、嬉しくて、うっかり泣いてしまいそうで。
「どうしたぁ。大丈夫大丈夫。よかったよ、またあとでメールする」
ぎゅ、と、手を握っていただけました。
そのあと、お褒めの言葉をたくさんいただき、ホクホクな気分にて
日々を過ごしておりました。

ときどきはほんの少しの寂しさを感じながら。


5月、最後にお逢いできたのは、やっぱり、仕事帰りでした。



| 日々の雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-06-06 (Thu)
キスをしよう。

と歌ったのは確かミスチルだったか…………。


5月もそろそろ終わりというころ、
仕事帰りにご主人様が送ってくださることになりました。
お疲れのところだったらしいのですが、仕事をひとつ終わらせてなら行けそうだよ、
とおっしゃっていただいて、駅で待ち合わせをしました。

お車の中では先日のステージのご感想をいただき、それについてのちょっとした
お話などもさせていただきつつ、(´∀`*)ウフフ な気持ちに。

けれども家が近づくとさびしい気持ちになるものです。
先日、待ち合わせたスーパーが間近に迫り、ここからだとわたしの家はもうあと
10分も走れば着きます。
あっという間だったなあ、とおもいつつ、車の動きに身を任せていましたら、
ご主人様の車が急に曲がりました。

「あれえ」(←ホントにこう言った)

スーパーでお買い物でもされるのかな、と、思いつつ。
ご主人様のお車は駐車場の、とても奥の、ぽつんとしたところに停まりました。
事ここに至っても、お買い物かしらと思う始末。ダメすぎる……

ご主人様が、「すこし、お話をしようね」とおっしゃって、
エンジンをお切りになりました。


――とはいえほとんどお話らしいことはしなかったのです。
抱き寄せてくださって、ただ、時間を過ごす。
「休憩の時間だよ」
とおっしゃったところをみると、やはりお疲れだったのだわ(´・ω・)と
申し訳ない気持ちになりましたが……
「みぃの体温を感じていると、きもちよくて、眠ってしまいそうになるよ」
とおっしゃっていただけて。
わたしもいっそ眠ってしまいたいところですが翌日仕事。ご主人様もお仕事。
とてもとてもそうはいかず。
ふくふくとしあわせな抱擁をさせていただいたあと、離れるのが惜しくて、

(´・ω・`)

こんな顔をしていましたら

「奉仕したいの?」

「ハイ」

「うーん、じゃあ、特別」

ご主人様はごそごそと体勢を整えられ、ズボンのファスナーをおろし……

ぴょこんどころかずどんと現れたそれは、もうすでに
みちみちとおおきくなっていました。

ごそごそと身体を動かし、ご奉仕させていただきます。
車の中で、というのはなにしろはじめてで、体勢が難しい……!!
2割くらいは、誰かきたらどうしよう、
陰から通報されてて、警察がこんこん窓叩いたらどうしよう、
そうなったら「ご奉仕中ですがなにか」と開き直るしかないのかしら、
とかいろいろ考えていましたが、
そんなことは次第に気にならなくなっていきました。

「かたい?」

かたいなんてもんじゃありません。
いままでの逢瀬イチ、かたいかもしれません。
どきどきとしながら、舌を使って、ぐぷっと咥えて、頭を上下させますと、

「ああ、いいな」

え。

「いいよ、それ。いい。気持ちいい」

ホアアアアそんなこと言われたの人生で初めて!!
どうしようコレ覚えておかないと!!
しかしメモれない!!
身体で覚えとくしかないけれどもそんな器用じゃありませんよわたしは!!

……次回に多大な不安を残したまま、やがて、ご主人様のものがふくらみ、
液体が口中にあふれました。

それでもだいぶとかたさが残っていらっしゃいましたが、
ご主人様はズボンの中にものをおしまいになりました。

「もうずいぶん遅いからね。いい子」

キスをくださって……

車はわたしの自宅まで走っていきました。


家に到着したとき、わたしはご主人様をお車にお待たせして、
部屋から包みをもってきました。
ご主人様にお渡ししたくて、仕事帰りに選んだ、ご主人様へのお誕生日プレゼントでした。
お忙しいご主人様に、リラックスしていただきたくてチョイスした
織部焼のカップと、入浴剤。

「よろしかったら、お使いください。お誕生日、おめでとうございます」
「えっ。うわぁ、ありがとう。なんだろう、帰ってから開けるよ」

ご主人様はお家にお帰りになってから、包みをお開けになったそうです。
「ありがとう」メールが、嬉しくて(*´ω`*)

でもカップはかなりお気に入られたらしく、使おうかどうか迷っていらっしゃるとか(笑)




| 逢瀬と調教 | COM(2) | | TB(0) | |
2013-06-09 (Sun)
時系列がようやくリアルになりました。

「送ることができるかどうかわからない」とおっしゃっていただいていたこの週、
わたしも月初めゆえに仕事がバタバタとしていました。
それでも夕方にはちまちまメールをお送りし、木曜日の夜、お帰りを
ご一緒させていただくことができました。

土曜日が毎年恒例の人間ドックのため
お夕飯をご一緒させていただきながら、あしたは消化にいいものをお食べね、といった
アドヴァイスをいただき、のんびりとした時間を過ごしました。

気になっていたのは、人間ドックから連なる週末のことでした。

以前、どうしても行きたい場所があって
ご主人様にお話させていただいてて、どうせならわたしの誕生日が日曜なので
ご一緒できたら、というお話をしていたのです。

ささやかな願いではありましたが。

ここ数年間、誕生日にいい記憶があまりなかったもので
なんとか、休みを確保できるようにするよ、土曜日から引き続いて、との
お言葉がとても嬉しかったのです。

土曜がお昼まで人間ドックですから
そのあとにお逢いして、もしかしてお泊まりなんかできたら嬉しいし、
ずっとひとりで訪れていた(そりゃ親兄弟とも行きましたが)某場所に、
ご主人様と行けるんだ、というので、この1週間完全にそれだけのために
仕事がんばっていたと思います(笑)

家の前にお車を停めていただいて、「週末は大丈夫な感じですか?」と
お伺いしますと、土曜日は病院に迎えに行くよ、とおっしゃっていただきました。
「じゃあ、お泊まりの支度して病院に行きます」

「あ……泊まりは……ちょっと無理かな」

え。

「じゃあ日曜日は……」
「うん……難しい。だから土曜日長くいられるようにしたよ」

にわかにゆるゆると寂しくなりました。
お伺いすれば、月曜日がお仕事で、日曜日もそのご準備でお忙しいとのこと。
大人の事情にわがままをぬかすほどわたしも子どもではないつもりだけど、

だけど。

「ぎりぎりまで調整してみるから。
 土曜日一緒に過ごして、日曜日、朝から出かけられるように」

そうおっしゃっていただいて、嬉しい一方、
どうかご無理はなさらないでくださいねと、わたしは大丈夫ですからと、
誰にそんな取り繕う必要があるのか、何故か必死にそう言っていました。


いい子でいようとしたのかもしれません。


なにかが壊れることを、恐れたのかもしれません。

それは経験に裏打ちされた、自己防衛だったのかも、と、なんとなく思います。



| 日々の雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。