12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-08-06 (Tue)
ご主人様のご体調は、だんだんと快復されていらっしゃるご様子でした。
ようやく、今年の夏の暑さに身体が慣れたかも、とおっしゃって
「早いうちに、送ることができたら嬉しい」とのこと。

嬉しいのはこっちのほうです(´Д⊂ヽ

週末はまたサークルのほうに出ていましたが、土曜日の夜、
「行きたいとこ」メールをしてみました。
8月は出張があって、休暇はほとんどとれないし土日に行くしかないのだけれど
どうしても行きたいのです、と言ってみました。
そこは、あの、誕生日に参加できなかったイベントを開催しているところでした。
以前にも書きましたが、そこはこの秋閉館が決まっているため
行くのは今月が最後のチャンスなのです。

お返事は翌日にいただけました。
「○日か○日に時間がとれるように、これから調整するからね」

(*´∀`).☆.。.:*・゚ パァ

結果がだめだったとしても、これだけでも嬉しい。
日帰りになるのは確実だと思うけど、ということでしたが、
お忙しいご主人様のこと、お泊まりなんて贅沢言ったらバチが当たります。
きっとこれから先もチャンスはあるのだし。
ひとまず、どちらかというと○日がいいです、というお返事はしておきました。


そんなこんなで迎えた週明け。
早速、実に予定通りに、月のものがきて、なんかぽやぽやな感じ。
ここ数日異様に眠かったのもそのせいなんだろうなー……。
仕事が終わってからも、ロッカールームで、ぽやぽや、うつらうつら。
ご主人様にとにかくメールします。
このとき若干頭痛もあって、うーんできるならお帰りご一緒したいなぁと
思い始め……ご主人様に、そんなメールをお送りしますと
「送るだけなら、なんとかなりそうかな」
おおおおお。
すごく嬉しかったのですが、一瞬、不安になります。
無理にお時間捻出されようとしているのではないかしら……
だもんで、「無理ならいいのです大丈夫です電車で帰ります」的メールを
何度か送りましたが、結局のところ、とてもしあわせなことに
ご主人様はお迎えに来てくださいました(つд⊂)

お車の中で、久しぶりにお逢いするご主人様ににこにこしてしまうも
やっぱりどっかぽやぽや気味だったらしく
「すこしぼーっとしてる? ……あぁそうか、始まったんだったね」
「です。頭はすこし痛いけど、吐き気はないから、大丈夫です」
そのまま家まで、途中で手も握っていただきうれしさ満開。
お仕事の話、ステージの話などをしつつ、あっという間に家の前まで。

そこで、頭をたくさん撫でていただきました。
「またいい子で待ってるんだよ。
 例の件は、できるだけ、みぃの希望の日に調整できるようにするからね」
「はぁい」
「うん、いい子いい子」
ぎゅう、と抱きしめられ、いっぱいのキスをいただき、お茶を口移しでいただき……
「今月、出張だって言ってたね? どこに?」
「…………信越のほうに…………」
「信越! いつ?」
この出張期間、実は、ご主人様が調整してくださるという2日の間に
完全に挟まれた状態でした(´Д`;)
あとの日付だと、長い出張から帰ったばかりでわたし自身の体力がアレかもしれない。
ということで、出張前の日付がいいのではないかなーと思ったのでありました。
しかもこの出張スケジュール、異様にタイトで(笑)
……いや、飛行機使わずに行くわけだからタイトなのは承知の上なのですけど。

「じゃあ今月も大変だねえ、ステージが終わって、
 もしかしたらその次に一緒に出かけて、そしてほぼ1週間出張か……
 毎日、早めに休むようにするんだよ」
「そうします(´ω`)」
「ん。いい子」

ご主人様が差し出した手の甲を、れるれると舐めさせていただきます。
これが、お車をご一緒させていただくとき、最後にほぼ必ずすることになりました。
まるで仔犬がじゃれて舐めるように、時にちょっと吸ってみたりして。
ご主人様の汗の味がします。おいしくて、きもちよくて、しあわせ。

「よーし」

額に軽いキスと、鼻の頭をふにふにとつままれて。
わたしは車から降りました。

いっぱいいっぱい頑張れる。
そんなことを想った、週のはじめのできごとです。


| 日々の雑記 | COM(4) | | TB(0) | |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。