123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-09-12 (Thu)
わがまま言っちゃだめだなー、と思った翌日も、体調はイマイチでした。
食堂では「食欲があんまり」と言った瞬間に上司から
「それは大変だ一大事だえらいことだ」と本気で心配される始末。

しかもこの日、仕事が定時に終わらず(汗)
定時ちょっとすぎにはご主人様から「きょうはやっぱり時間が取れそうにないよ」と
メールが送られていて、わたしは満員の電車を思いました。
仕事が終わって、会社を出たのが夜19時を過ぎたところ。
後輩が別の仕事のついでに駅まで送ってくれるというので、その別の仕事に
すこし付き合って、そうして、駅まで送ってもらいました。
後輩もわたしの不調は知っていて「大丈夫ですか」と心配気味。
「大丈夫、あした仕事休みだし、病院行こうと思ってるんだ」
激務時は別として(えっ)、体調不良時には必ず病院にかかる。そう決めているわたしは
翌日の休みに病院へ行くことを、すでに決めていました。

後輩の車を降りたとき、ご主人様からメールが。

「いまキリがいい状況になったんだ。迎えに行くよ、みぃ」

ホアアアアアアアうれしすぎる。

そのまま駅でお待ちしていたら、30分ほどでご主人様のお車登場。
すぐ乗り込みますと

「ずいぶん疲れてるなぁ、みぃ」

頭を撫で撫で。うー(´・ω・`)

「夕飯はどうする? 帰ってゆっくりするか、軽くてもどこかで食べるか?」
「ん…………」
「疲れてそうだから、このまままっすぐ帰ろうか」
「……ご主人様と、ご飯、食べたいです」
「そうか。わかった、じゃあどこ行くか……うどんにしようか」
「はい(*´∀`)」

すこしでも長い時間をご一緒したくて。
うどんなら、お腹に入るかな、と思いましたしね。

うどん屋さんでお食事。わたしははじめて、ご主人様はずいぶんと久しぶりのお店で、
でも、美味しかったし、トッピングもお腹にもたれない感じでよかった(´∀`)
お気に入りがまたひとつできましたね、ご主人様。

家まで送っていただいて、お車の中で、すこしお話。
翌日の病院のことについては、もしものときは迎えに行くからね、とまで
おっしゃっていただけて、嬉しさしきり。
体調を気遣ってくださったのか、やわらかいキスをたくさんいただきました(*´ω`*)

「あのう」
「うん?」
「わがまま、ごめんなさい」
「わがまま……うーん、わがままっちゃわがままだろうけど……
 それは『望み』でいいんじゃないかな」
「望み……?」
「最初に言ったように、できることと、できないことというのはあるからね。
 今回は、時間がうまく合って、みぃの望みが叶った。それでいいんじゃないかな」
「(*゚-゚)……ありがとうございます」

「ほら、ぎゅー」
「うー(>ω<)」

いっぱい抱きしめていただきました。
ほんとうにわたしはしあわせです。

ご主人様、大好き。

もっともっと、ご主人様のためにありたいと、強く思った夜でした。
そしてそのまえに病院行かないかん、とも強く思った夜でした(笑)


| 日々の雑記 | COM(8) | | TB(0) | |
2013-09-16 (Mon)
自分の中のポリシーに従い、ちょうど仕事も休みでしたから
病院に行ってきました。

前日にお話ししたところだと、ご主人様はお仕事のようでしたから、
そのあとお逢いしたいだのなんだのとのたまうのはやめにしときました(笑)


結果。

貧血的症状は耳からくるめまいと低血圧が原因。
血が薄いわけではないけれど鉄分が不足することもあるようで
それはわたしが胃炎もちであるから(吸収が悪くなるらしい)。

処方。

めまいに効く錠剤と漢方薬。
胃炎に効く錠剤。
食道炎の錠剤は引き続き服用のこと。
もともと血圧が高いほうじゃないんだから、自分の動きには気をつけること。


これで様子を見て、不調のときはまたおいで、ということで
以来薬の服用を続けていましたら
フラッとすることも、血の下がる感覚も、改善傾向にある感じ。

ご主人様からも毎日のように経過をお尋ねいただいて(*´ω`*)
次のおやすみには、お逢いできると、うれしいなあ……


| 日々の雑記 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-09-19 (Thu)
まあよくあることですよ。実に。
決算時期の上祝日も多いし、ちょっと回らなくなってしまって。
ただ、ご主人様とお逢いできなくなっちゃったなー(´・ω・`)
メールでごめんなさいしなきゃなー(´・ω・`)と
思っていましたら、残業中にメールが。

「仕事が増えて、休みを調整できなかった(_ _)」

あら、まあ。

こういうこともあるのですな。

もう2ヶ月以上、ちゃんとしたご調教はないし
身体も遣っていただいていないし
(ちゃんとって言い方はだいぶおかしいけれども)
普通だったら悶々とするのかな。

あのころはどうだったろうか。


でも、いまは、ふくふくとしあわせな気持ちで
次を待っていられる自分が、ここにいるのです。

きのうはたくさんメールできましたしね(*´ω`*)
70文字ずつのやりとりが、とっても、あったかくて、好きなのです。


| 日々の雑記 | COM(4) | | TB(0) | |

2013-09-23 (Mon)
その日は、なにがなんなんだか帰り道がとにかく眠くて、
駅でうたた寝して1本電車を逃すレベルでした。
ご主人様とメールをしていたことはしていたのですが
返事してはうとうとといった具合で、よほど疲れていたのだと思います。

だもんで、電車の出る前にはご主人様が
「そろそろ電車がくるね」
電車に乗ったら乗ったで降りる駅のひと駅前でご主人様が
「もうすぐ○○駅かな?」

ありがたいことです(´人`)
お仕事のご都合で、お帰りはご一緒できませんでしたが、ほっこり。
翌日実は大変早起きしなくてはならず、そのお話までして、
その日のメールはおしまいになりました。


翌日、4時30分。
母親が起こしに来る前に、携帯が鳴りました。
メール着信でした。

「おはよう、みぃ。そろそろ起きる時間かな。
 私はいま仕事が終わったから、これから寝て、昼に仕事を再開するよ」

ももももモーニングメールまで……!!
そのまま、起きて、朝食を終えたあと、ご主人様にお返事のメール。
もし、お差し支えなければ、お帰りご一緒できたらうれしいです、そう書きました。

というのも、この日は。

世のお母さんがたとか主婦の皆様とかお忙しいサラリーマンのかたがたとか
いろいろなかたに「そんなん生ぬるいわ」と怒られてしまうでしょうが
4時30分に起床ののち、車で1時間かかる仕事場へ行き(始発はまだ出てません)、
9時過ぎまで仕事したあと、病院に行って診察と薬の受け取り、それから今度は稽古場へ行き、
夕方まで稽古ののちまた1時間かけてイベントのリハーサル会場まで出向いて夜までリハ。
という、大変なハードスケジュール。
帰りに事故らない自信がありませんでした。
リハに向かうときには、メンバーの車に相乗りしていこうと、昼にはもうそのつもりでした。
たとえご主人様のご都合がお悪かったとしても、帰りも相乗りさせてもらって、
家の前で落としてってもらおう、そう考えていました。

けれども夕方にはご主人様から
「送るだけなら、大丈夫だよ(^^)」
というメールを頂戴し、ぽやぽやながらも頑張らねばと気合を入れなおす(`・ω・´)
いやもうホント眠くてね……


リハが終わったころ、ご主人様はすでに会場にいらしてくださっていました。
わかりやすいようにヘッドライトをつけて、駐車場で待機モード。
すぐ乗り込んで、一路、わたしの家へ。

車の中ではご主人様のお仕事のお話をたくさん聞けました。
ぶっちゃけ、その間は、眠気が飛んでいました(笑)
今回のステージは観に行けないけれど、がんばりなさい、とお言葉をいただき、
手もぎゅーと握っていただいてほくほく(*´ω`*)

家の前でお車が停まればご主人様が
「ほっぺにちゅー」
「ひゃー」
なんだなんだコレ。すごくうれしかったのですけれど。
たくさん、キスをいただいて、鼻をふにふにつままれて、ぎゅーと抱きしめていただいて。
また、いい子で待ってるんだよ、とおっしゃっていただきながら、
10月のお休みの予定とか、いろんな話をしました。
でも、やっぱりすごく甘えたくて仕方なくて、このままお車の中で眠ったら
ご主人様のお家に連れてってくださらないかしらとちょっと思ったりしたのですが、
まあ自分の家目の前にしといて当然そんなわけはなく、でも、ちょっぴりさみしくて、
「このまま降りちゃうのが惜しいです」
と漏らしてしまったら

「待ってなさーい」

と、おでこをふにふにと揉まれました(>_<)


お車の中でしばらくぐずぐずとしてしまいましたが、笑顔で「おやすみなさいませ」。
そのあとはもうお風呂にも入らず、夕食食べて速攻寝ました(笑)


相変わらず、夜明けまでお仕事なさってるご主人様。
その分お昼までお休みになっていらっしゃるようですから、睡眠時間は大丈夫なのでしょうが
わたし自身が、睡眠時間が狂うとすぐさま体調をおかしくするタチなので
やっぱりちょっと心配なのであります(´・ω・`)

来週も1日くらいはお帰りがご一緒できそうとのこと。
そのときは、わたしも、体調をちゃんとしていなくてはなーと思った次第でした。


| 日々の雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-09-29 (Sun)
体調がどうたら、先の記事ではそんなことを書いていたわたしでしたが。

ステージが終わって2日後、なんだかのどが痛い。
「……?」
その日の夕方から、空咳が出るようになって、ヤバいなコレ風邪かなあ……と
思いはじめていたら、翌日、のどの痛みがまるごと消えていました。
おっ、と思って喜んだのですが……、咳が止まらなくなりました。

これは風邪じゃない……!!(汗)

随分前の記事に書いたことがありますが、気管支があまり強くないわたしは
数年前にはじめて季節性の喘息を発症し、
以降春先には必ず咳が止まらないという事態に陥っていました。
去年は幸いにもはっきり発症ととれるものはなく、改善できたかなと油断した矢先。
しかも発症したことのない秋口に。

翌日も朝から咳は出っぱなし、とうとう課長や部長に「いいから病院行って来い」と言われ
時間休をとって、かかりつけのお医者様を受診。

「喘息の咳やね」

やっぱり _| ̄|○
血液検査の結果、白血球も通常より増えており(1万近くの数値だったそうで)、
気管支炎から喘息を併発したのであろうという診断。
(熱はまったくなかったのです。不思議)
お薬をいただき、仕事に復帰しました。
ご主人様からは「明日か明後日に、送れると思うよ」とのお言葉をいただいていたので
お逢いできる、お話もできる、と楽しみにしていましたが

ご主人様にはお風邪の症状が。

すぐさま対処をされたようなので安心はしましたが、
今週送っていただく目は完全に消えたなと(´・ω・`)
もちろんご主人様のお身体は大切にしていただきたいですから、
ご養生なさってくださいね、とメールをお送りしました。
けれども……たぶんいままでで一番さみしくなりました。


 お逢いしたかったな。


というのも……
喘息や気管支炎もなかなかに大変でしたが、この、病院にかかる前日の夜、


みぃの身に

人生初のとんでもない事態が起こっていたことが

発覚していたのです。


| 日々の雑記 | COM(2) | | TB(0) | |