123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-09-01 (Sun)
前回の記事を書いたあとの話です。

台風は順調に九州へ接近し
みぃの住む地も順調に天気が荒れ始めていました。

ご主人様からメールがきて
「月末に台風が来るようだし、無理なら翌日というのも考えてるんだ」
翌日、というのは、「行きたいとこ」の、まさに最終日。
それはそれで願ったり叶ったり、なのですが、この「翌日」、サークルの稽古が
ありまして、普段なら休めるところなのですが、どうしても
わたしがいなければならない日でありました。

「その日はサークルが(´・ω・`)」

行くの……だめかもしれないなぁ……
しょんぼりしつつ、そう、ご主人様にメールしておきました。


翌日は、仕事帰りにご主人様がお迎えに来てくださいました。
月末のお話をつめようね、と、おっしゃっておいでだったので、
お天気を携帯で気にしつつ、ご主人様のお車に乗り込みますと、開口一番

「現地が『台風のために閉めます』って言わない限り、当日に行くつもりだよ」

( ゚Д゚)

ご主人様のお言葉がとっても嬉しくて。
事前に閉鎖の予定があるかどうか、電話をかけてみること、また、当日は
わたしの病院の日でもあることから、病院にも確認の電話を入れること、
などを、たくさんたくさんお話ししました。

そうしている間にも天気はイマイチな感じ。
雨が降ったり止んだりを繰り返し、この日はあんまり長いこと手を握れませんでした。
(運転が危ないからです。まあ当然のことですわね)
台風……どうにかなってくれるかなぁ。
そんなことを思いながら、お車はあっという間に家についてしまいました。

そのとき、外は豪雨(汗)
しばらくご主人様とお車の中にいましたが、お車を停めて恒例というか
いつもの流れになったキスが、とっても嬉しい(*´ω`*)
口移しで麦茶をいただけ、とろんとなりました。
そのまま、ご主人様のお手が、胸に……

わたしは胸ポケットにさしていた携帯を、はずしました。
前回それが引っかかって、いまひとつ、キモチよくなかったのです(笑)

きゅ、とつねられたり、揉まれたり。
「うー、ふう」
「やっぱり、俺の手に、ちょうどいい……」
「んんー」

きもちいいよう

何度も何度も、キスをいただいて。舌を強く強く吸われます。
舌の裏筋切れるんじゃないかって思ったくらい、強く。
でも、それが嬉しい。とっても、嬉しい。

しあわせな気持ちで、雨の小止みになったのを見計らって、
わたしはご主人様のお車から降りました。

電話が繋がって、結果がわかったら、連絡しなね、俺もメールするからね。
そんなお言葉をいただいて。



翌日、仕事の昼休み中に、目的地と病院に電話を入れました。
現在のところ、休みは考えていないというお返事。
早速、ご主人様にメールしました。

「了解(^^)」

そのあと、待ち合わせの時間などを打ち合わせて、
わたしはとても楽しみな気持ちでお布団に入るのでした。


| 日々の雑記 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-09-03 (Tue)
前日まで天気予報にヒヤヒヤしていたものでしたが、
いざ当日には、雨はほとんど止んでいました。
無論ときどき激しく降ったり、雷が半端なかったりと
悪天候には違いなかったのですけれど、ともかくも朝イチで病院への受診を済ませ
わたしは病院でご主人様をお待ちしていました。

(この、受診およびお待ちしていた間に、天候が一番の大荒れでした)

ご主人様のお車が病院の駐車場に滑り込み、すぐに乗り込みます。
そのまま、「行きたいとこ」へまっしぐら。
ご主人様のお見立てでは、高速をさけるので2時間半くらいはかかりそう、
ということでしたが、実際は1時間とすこしで現地へ。
運よく、お昼ごはんの時間少しまえに到着できました。

ふたりで現地のレストランに入って、お食事。
最後の記念だからね、と、ご主人様は内装や外装をお写真に撮られたり、
お箸袋をお持ち帰りになったり。わたしもおしぼりをお持ち帰りー(´∀`*)
ショップに入れば、わたしよりもご主人様のほうが楽しんで商品を
お選びになっていました。
わたし自身も、ほんとうに、行きたくて行きたくてたまらなかった場所ですから、
もうウキウキしてウキウキして。
ご主人様にお写真を撮っていただいたり、あちこち見て回ったり……
惜しむらくは、ご主人様と一緒のお写真におさまれなかったことです(>_<)

ちょうど15時ごろに、そろそろ帰ろうか、というお話になりました。
帰っちゃうとこの楽しいのも終わりかぁ、と思うと、にわかにさみしくなります。
うー(´・ω・`) という顔をしていたら、ご主人様が
「みぃの気持ちはわかってるの。でもみぃ、疲れてるだろう。俺もだけど(笑)」
そのままベンチでちょっとぐずぐずして、でも、結局、帰ることにしました。

最後にお店でクレープを買います。
デザートタイプのクレープと、おかずタイプのクレープをひとつずつ買って、
シェアすることにしました(´∀`)
ご主人様のお車に乗り込み、交換しながらクレープを食べて。
最後のひと口のときに、ご主人様が突然、口移しでクレープをくださいます。
わたしは自分のをもぐもぐ中でしたから、味は混ざりましたが(笑)
でも、嬉しかったのです(*´ω`*)

……いや、まあ、ご主人様のことだから大丈夫とは思いますが、
お車の外、誰もいませんでしたよね……?(*ノノ)


お車が駐車場を出て、いよいよ、帰途につきます。



超眠い

なんでこんなに眠いのってくらい眠い。

ご主人様が手を握ってくださいましたが、首が前にカクンカクンしていたらしく、
途中で、「みぃ、座席倒して寝ていいよ」
その通りにしました……

「……なんでこんなに眠いんでしょう……」

言ってみましたが、理由のひとつはわかっているのです、月のものが近いので。
けれど、ご主人様いわく。

「いっぱい楽しかったから、興奮して、疲れちゃったんだろうねえ」


子 ど も か !!

実際のところ、ご主人様が「夕ごはんをどうする?」とお声がけされるまで、
お車の中で完全熟睡。ホント、旅行帰りの子ども状態(笑)


後半へ続く (´Д`)ノ


| 逢瀬と調教 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-09-04 (Wed)
(´Д`)ノ 前回からの続き。


結局、まだ少々明るかったのですが、夕食代わりに地元のちゃんぽんを食べて、
わたしの家まで送っていただくことになりました。

ぽやぽやとまだ眠い感じだったのですが、でも、いつもより帰りがうんと早いので
なんだかちょっぴり物足りない。

「わたしは、贅沢ですね」
「どうして?」
「こんなにご主人様によくしていただいているのに、ご主人様と、もっとご一緒にいたいとか、
 もっとおそばにいたいとか、考えてしまいます」
「贅沢じゃないよ、そう考えるのは悪いことじゃないしね」
「うーん、でも」

眠気も手伝ってかなんかいつもと違ってネガティブめ。どうした、みぃ。
やっぱりなんというか……まだ時間早いのになー、もっとご一緒してたいなー、みたいな
気持ちになっていたのだろうなと思います。
そうして考えたのが、ご主人様も長距離の運転でお疲れではないかしら、ということでした。
さっき、お車の中で、手を握っていただいているときに
「みぃの肌はこうやってぴたっとくっつくからね、握ってるだけで、
 俺も気持ちよくて寝てしまいそうなんだよ」
とおっしゃっておいでだったし、実際のところ、帰る直前、疲れてるとも仰せだったし、
もしかして、ご主人様も眠いのでは。

「あのう、ご主人様」
「なに」
「コンビニとか、どこかにお車停めて、すこしやすみませんか」
「んー……?」
「ご主人様もお疲れではないかなあと思って」

そこまで言ったときに、わたしは、自分の、なんというか姑息さに気がつきました。

「すみません。わたしちょっと姑息なこと考えました」
「姑息?」
「そうすればちょっとでも長い時間ご主人様とご一緒できるなって」
「あはははは、そういうことか」
「いえ、もちろん、ご主人様のことが心配なのが一番ですけど!」

いろいろとバカ正直すぎ。

ご主人様は、少しお車を走らせて、じゃあ、ちょっと休もう、とおっしゃいました。
お車は、ショッピングモールの駐車場(はじめて、お車の中でご主人様にご奉仕した場所)
に、とまりました。
「さあ、座席倒して」
そこからわたしが眠りに落ちるのに、たいした時間はかからなかったように思います(笑)
ご主人様に身体を預けて、たぶん30分くらいスヤスヤと。
ご主人様も、10分くらい、眠っていらしたそうです。


スッキリしたよ、とおっしゃいながら、再度わたしの家を目指して発進。
そのときは、すでにあたりは暗くなっていました。

家の前につきます。
よく考えたら今回、お約束の腕時計を見に行くことができなかったので、次行こうね、とお話。
そうして……後ろから、抱え込むように、抱きしめていただきました。

「あ……あ」
「きょうはね、愉しかった。みぃはほんとうに俺を愉しませてくれるね」
「えぇー……? ご主人様は……わたしで、愉しんでいらっしゃいますか……?」

自信がなかったのです。ホントぶっちゃけ自信がなかったのです。
きょうのことも、そもそもはわたしが行きたい行きたいと言ったものでしたし、
ご主人様にとってはただ疲れただけだったのではなかっただろうか、まして
帰りはわたし熟睡しとったし……(汗)
それを「愉しかった」とおっしゃるのが、どうしても、わからなくて。

「みぃが、1日、本当に楽しそうに、ニコニコしてるとこも……きょうは最後のほう、
 ちょっとぐずってくすんとしてたとこも……そういうの、見てるだけでも、俺は愉しい」

そうして、お尻をきゅうううううとつねられます。

「ああああん」
「こういうことばっかりじゃ、ないんだよ」

もう片方のお尻も、きゅううううう。

「ひううう……ご主人様、ひどい……」
「どうして?」
「こんなん……こんなん、されたら、また、もっと、もっと、って、思ってしまいます」
「だからね、また少し、いい子で待っておいで。俺の牝犬」

そんなことを言われても、やっぱり辛抱たまらなくて(笑)
元の体勢に戻った直後、ご主人様の首にしがみつきました。
「みーぃ。どーしたー」
「ひーん」
なんだろうなあ。甘えたかったのかな(´∀`;)
ご主人様は、たくさんたくさん、耳や首をかぷかぷしてくださって、
キスもたくさんくださいました。


はじめての、ちゃんとしたご調教なしの1日デート。すごくすごく楽しかったです。
ご主人様、ありがとうございました。


| 逢瀬と調教 | COM(8) | | TB(0) | |
2013-09-05 (Thu)
いつのまにか(というかたぶん、台風だ逢瀬だとわあわあしていたあたり)、


カウンターが50,000を超えましたヾ(*´∀`*)ノ キャー ウレシイナ


いつもおいでくださる皆さま、リンクおよびブロともの皆さま、
ちょっとだけ立ち寄ってくださった皆さま、
いろいろなかたのおかげで、ここまで来ることができました。
ほんとうに、感謝しきりです。

めでたいということで、なにか写真でも載せるべきなのでしょうが
載せて観賞に耐えうるカラダでもございません(いやマジで)し、
先般ご主人様とデートした際にお撮りいただいた写真は
モザイクかけてもどこ行ったかが丸わかりしそうなので(笑)……
ささやかにおめでとうとありがとうを申し上げるのみにて
代えさせていただきます(笑)


これからも、みぃは、いっぽいっぽ、頑張ってまいります。
今後とも、どうかよろしくお願い申し上げます。


| ごあいさつ | COM(6) | | TB(0) | |
2013-09-11 (Wed)
ある日のメールで、今月後半すこし前までの休みが判明したわたしは
すぐご主人様へご報告しました。

「とりあえず、来週と再来週は○日と○日がお休みです」

するとご主人様からのお返事は

「φ(..)」

意味を一瞬で解したわたしの返事は

「(*´∀`)」


……でしたが。
この週末からこっち、きょう現在まで、どういうわけか体調があまりよろしくない。
気候が変わったせいかちょっぴり遅めの夏バテか。
日曜日には稽古の真っ最中に貧血症状を起こし、月曜日以降も
どうも全体的にふわっふわな感じで、
歩いて仕事の行き帰りをするのがしんどかったためバスを使ってショートカット。
でも、駅から家までは歩くしかないので、いつもの2倍くらいかけて帰ったりなど

なんかおかしい。

ほんとうは、帰りにご主人様とご一緒できればよかったのでしょうが
ご主人様はお忙しく、そうもいかず、
とにかくとてつもなく混む帰りの電車で座れるかどうかがキモでした。
月曜は座れず、吊り革を持ったまま眩暈を起こしかけ
もたれられる壁を見つけてもたれたけれど座り込む始末。
マナー違反なのは……重々わかっているのですが……申し訳ありません(>_<)
きょうはどうにか座れましたので、若干はマシでした。

きのうきょう、ご主人様と(いつもから比べると)結構な数のメールを
やりとりしましたが、ご主人様もどうやらやっぱりお仕事がお忙しそう。
だもんで、「今週は難しいですね?」とお聞きしてみますと

「みぃの体調を考えれば、身体を休ませて、来週に備えたほうが」

(´・ω・`)じゅっ

ご調教はなくっても、すこーしお逢いできるだけでも、嬉しいのだけどな……
8月末のデート以来、お逢いしていなかったもので、
ちょっぴりさみしくなっていたのでありました。
(その前の週、お帰りをご一緒できるチャンスを、わたしが潰してしまっていたので)
大変身勝手な考え方ですけれど
お逢いできたら、体調の悪さもすこしはふっ飛ぶような気がしなくもなく。

ちょっぴりさみしいです、すこしでもお逢いできたらうれしいのです、
そんなことをメールに書きましたら

「すこしでも時間がとれそうなら、連絡するよ(^^;)」

(´・д・`)

だめだこれはだめだ。
ご主人様はいまもすごくお忙しいんだ。わたしがわがまま言っちゃだめだ。

「わがままごめんなさいご主人様(´;д;`)
 ご体調とお仕事大事になさってください(´;д;`)
 さみしくてもいい子にしてお待ちしてますから」


とりあえずどこかのタイミングで病院にかかったほうがよかろうな、
とは思っています。ちょっといままでにない感じなので。
まあ、結果、いつものように、異常ありませんって言われりゃそれまでですしね(汗)


波乱含みの9月、どうかいい月でありますように(汗)


| 日々の雑記 | COM(8) | | TB(0) | |