12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-10-01 (Tue)
発覚の翌日は、偶然にも、会社の産業医の先生が社内を巡回する日でした。

毛が抜ける、しかもこんなにあからさまにごっそりと、といったことは
父方でも母方でもいままでになかったことなので
いったい何科にかかればいいのかさっぱり分からず
それをご相談しようと思いました。

「……こりゃ、大きいな」

ソレ、を見た、先生の第一声です。
このくらいかな、と、指で作っていただいたかたちは、
コーヒーのキャップよりずいぶん大きいように思いました。第二証言。
母さんは動揺してできるだけ小さく言おうとしたのだろうか……

前の晩には毛の抜けたような跡はなかったので、まず間違いなく
元がそれくらい大きいのだろうなと。

「ストレスだろうねえ」
「でもあんまりストレスって思うことなかったんですけど」
「無意識下でストレスに感じることはあるだろうね。
 はっきり、コレだ、とわかってるなら、心療内科にかかるひともいるけど、
 あなたみたいにストレスかどうかよーわからん、というひとは
 だいたい初診は皮膚科だね」
「皮膚科」

そういえばご近所にあったな……あさって稽古の前に行ってみよう……

その前にご主人様にご報告を。
きょうかあしたはお帰りがご一緒できるとのことだったし……

しかしその日の夕方、ご主人様はお風邪の症状が出て、お帰りはご一緒できず
その翌日も危うそうな雰囲気。

わたしの不安はいや増すのでした。


実際、翌日もご主人様とはお帰りをご一緒できませんでした。
お風邪が治りかけというのものあったし、「みぃに移しちゃわないように」と
ご配慮くださったこともありました。

けれど、髪のこと、話さなきゃと思うと、お逢いしたくてたまらなくて。

とりあえず病院に行って、そのあと報告、というのは、なんだか嫌でした。

胃が痛いだの肝臓がどうだのの、いままでとは違うのです。
これまでに起こったことのないことが、わたしをただ不安にさせていました。
わたしも、一応、ひとまずは、女の子です。
やっぱり、心のどこかが、ショックだったのだと思います。
病院に行く前に、ご主人様から、なにかのお言葉がほしかったのです。


駅で、わたしはご主人様に、お電話しました。


10コール。


ご主人様は、お出に、なりませんでした。



| 日々の雑記 | COM(2) | | TB(0) | |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。