123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-06-21 (Sat)
イベント会場に入るともうそこは子どもたちとお父さんたちの熱気がすごい。
ちょうどアクションの真っ最中で、わたしもすぐさま「わああわああ」と興奮(´∀`;)
午前中のイベントはすでに人でいっぱいでしたので、立ち見をするしかなく
ご主人様は「ここなら見やすい」とわたしを導いてくださいました(´ω`*)

火薬バンバン、ライダーどんどんの濃いぃイベントが終了して、次のお楽しみは撮影会。
ここのイベントでは係員さんがちゃんとしたカメラで写真を撮ってくれて、
大判印刷してくれるのです。お金は写真の出来上がり後。
ご主人様がご一緒に並んでくださいましたっ。

ライダーとご主人様と写真におさまるよろこび。
ご主人様は「俺写真うつり悪いんだよ」とおっしゃりながらも、おつきあいくださいました。
同時に歴代ライダーとの握手会もありましたが
午後のときに参加しようね、という話になって、ひとまずイベント会場を離れることに。

園内で簡単にごはんをすませましたが
次のイベントまではまだ2時間くらいありましたもので
ご主人様のご提案で、園内のお散歩ヽ(´ー`)ノ


乗り物に乗る気はないのだ。双方とも(笑)


しかし……
現場がどこか、わかったかたにはおわかりのことと思うけれど
ここ、すんごい広い。めちゃくちゃ広い。
おしゃべりしながら、ゆっくりゆっくり歩いて、
1周し終わるくらいで、午後のイベント開始時刻まであと30分。

冷たーいフローズンを買って、イベント会場へ。
「たぶん、ここからなら、クライマックスのワンシーンがバッチリ見える」
とおっしゃってくださった位置は、ちょうど席が空いていましたので
ふたりで座って……

また、火薬バンバンライダーどんどん。
わたしがデジカメ持参と知ったご主人様は、「写真撮ってあげるね」と
ショーに熱中するわたしの隣でシャッターを押しまくってくださいました。


あぁ、面白かった ε-(´∀`*)
写真撮影はもういいので、今度は握手会に参加。
ご主人様は「暑いから、俺は客席で待っているね」と、デジカメを預かって
大興奮でライダーと握手しまくるわたしを客席から激写(笑)

そのあと、グッズを買ったわたしはほくほく(*´ω`*)


暑いし、小腹がすいたから、涼みがてらサンドイッチでも食べようか、という話になって、
会場近くのレストランへ。
運ばれてくるのを待ちながら買ったグッズを眺めたり、ご主人様とおしゃべりしたりしていたら
会場が見える位置に座っていたご主人様が「あ」とおっしゃいました。

この日がイベント千秋楽ということもあって、
ライダーの皆さんが集合して記念撮影中!! (*゚Д゚*)わあああ
ご主人様もわたしも身を乗り出してその様子を眺める(笑)
サンドイッチが運ばれてきても眺める(笑)
食べながらも眺める(笑)

いやあ……いいもん見せてもらいました……


きゃっきゃほくほくのまま、パークを去ることに。
しばらくはご主人様とおしゃべりしながら、帰途を楽しんでいたのですが。


が。


「みぃ、座席倒していいよ」


ご主人様のお声が聞こえてハッとしましたが、

い……いつの間にかまた寝てた……!!(超前科あり)


「や、申し訳ありません、大丈夫です大丈夫です」


言った端からまた寝る。
ゴクッと首が落ちてハッとする始末(笑)
座席は倒せませんでした……だってなんだか申し訳ない……(今更)


「どこかで休んで行こうねぇ」

「ふぁい」

その言葉すら、中途半端にしか耳に入っていなかったわたしは、
その言葉の重要性を深ーくは考えていませんでした。


 うん。懲りてないな。うん。


| 逢瀬と調教 | COM(2) | | TB(0) | |
2014-06-21 (Sat)
お車はいつの間にか(やっぱりたぶん寝てたんだ)いつものホテルまですべっていきました。
けれども、お部屋は満杯……

「混んでるねぇ。別のとこにしようか……」

ご主人様はつぶやいて、またお車を走らせました。
去年の夏、擬似お泊まりのときに、第2候補だったホテルに行くおつもりのようでした。
そのときはいっぱいでだめでしたが、今回はどうだろう……?

わたしの目は、このころ、そろそろ覚めはじめていました。

件のホテルは意外にすいていて、ご主人様は実にスムーズにお車を入れられました。
お部屋の中に入りますと、階段があって、なんだか不思議な感じ……
下にはテーブルとソファーだけ。お風呂とトイレも、ここ。
階段をのぼりきったところに、またテーブルとソファー、それにベッド。
メゾネットタイプというのでしょうか。
「なんだか、家みたいですねぇ」
ご主人様がお風呂のお支度をされ、ふたりで階上へ向かいます。
(自分でしなきゃなあと思いますが、いつも、あっという間で……)

荷物を置いて。
「みぃ、さ、座って」
促されてソファーに座ると、ご主人様はわたしの膝にぽすんと頭をお預けになりました。

ああ、お疲れだったのだわ(´・ω・`)

なんだか申し訳なく、少し目を閉じられたご様子のご主人様のお身体を
とん、とんと軽く叩いて……
やがて、お風呂が出来上がったらしく、お湯が止まりましたので
ご一緒させていただきました。

ご主人様の陰茎を洗わせていただき、湯船につかります。
ご主人様はしばらく、わたしのあちこちをいじられて……
それから、浴槽の縁にお座りになりました。
「ほうら」
すでに大きくなっておいでのご主人様を、ゆっくりとしゃぶらせていただきます。
けれどもとても大きくなっておいでで、喉の奥まで入りきれません(汗)
いつも、何センチか、余ってしまうのです……。
「入りきらないね。あがったら、姿勢を変えよう」
そのつぶやきの意味がよくわかりませんでしたが、ともかく、
もうすこししゃぶらせていただいたあと、お風呂からあがりました。

身体を拭いていて、自分の「そこ」が、もうべったりと濡れているのがわかります。
バスタオルをまとったまま、2階のベッドまで行きますと、ご主人様がおっしゃいました。
「寝転びなさい」

ベッドに?

わたしはご主人様のおっしゃる通り、仰向けに寝転びました。
首をベッドの端から出して……

「!」

ご主人様が、ご自身で、わたしの口に陰茎を差し込まれました。
ぐぶう、という音が、喉の奥からします。

「ほら、ちゃんと入ったね」

くるしい。
くるしい。

でも、とても、うれしい。

わたしは必死に、舐めるなりしゃぶるなりしようと頑張りました。
ご主人様が乳首をつままれたり、下半身にお手を伸ばされますので、意識がいろんなところに散逸します。
手にも足にも、力が入らない。

きもちいい

そんな状態のとき……

「もういいよ。起きなさい」

ぱっと、起きあがると、そのままうつ伏せにされました。

「えっ……?」

ご主人様はわたしの腰をつかむと、

そのまま

入ってこられました。

「ひああああああっ!!」

ぐいー、と、押し開けるようなご主人様の圧迫感に、身体中が震えました。

「ずいぶんいっぱい濡れてたね。こんなに簡単に入る」

「あ……っ、あっ、うあっ、あ」

「いつもよりずいぶん反応がいいじゃないか?」

ばしーん、とお尻を叩かれながら、ご主人様の陰茎も、叩きつけるように中に入ります。
悲鳴ともあえぎ声ともつかない音が、わたしの喉奥から漏れました。

奥まで、がつがつと届く感触が、痛みではなくて、もはや快感。

「ひう、うっ、あうっ、ぐうっ、」

シーツをひっつかむ自分の手が、うすぼんやりと見えました。

飛びそうだ――――――


イッたのか、イッていないのか。

それすらも曖昧なのですが、

ご主人様がわたしの身体から陰茎を抜かれたあと、
わたし自身の身体に力が入らなくて、ベッドの上に、ぐったりと丸まったことだけは確かです。


| 逢瀬と調教 | COM(2) | | TB(0) | |