12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-12-01 (Mon)
とにかく通常通りの騎乗位だけではなくて、
ベッドに両手をついて後ろから……とか、正常位、もありましたし、
ご主人様はとにかく様々な形でわたしの中に入ってこられていました。
あ、書いてて思いだした、ご主人様に背中を向けて入れさせていただいたり、
あれは座位というのかな、座った状態でぎゅーのまま突いていただいたり。
盛りだくさんだったのは間違いないところです。

ときおりお尻をべちんべちんとぶっていただいて、
胸もぎゅうぎゅうわしづかんでいただいて、
声の上がること上がること。
何度も、しゃぶらせていただいたり、これも若干恒例化した、
ベッドのふちに首だけ落としてのさかさまフェラも、確かさせていただいたと思います。

一度、イカれたのかどうなのか、それも覚えてはいないのですが、
ひと落ち着きしたときに、眠っていたのは確かです。
やがてご主人様が「お風呂に入ろう」とおっしゃって、
ああもうお帰りの時間かーと思いながら
(ラブホテルって時計がありませんから、なかなか正確な時間てわかりませんよね)
お風呂に入りました。
先に書きましたようにこのホテルのお風呂は天然温泉というので、
やはりお肌がキモチイイ(*´ω`*)
うしろからぎゅーとしていただきながら、ほこほことあたたかいひとときでありました。

お風呂からあがりはしましたが、
まだすこし横になっていたくて、バスタオルを巻いたまま
わたしはベッドにぽよんとあがらせていただきました。
するとご主人様もお上がりになって大の字になり
「よくわかっているじゃないか、みぃ。お風呂のあとは、愉しませてもらうって」

え!?
再開? コレ再開ですか?

まさかそうだとは思わず、わたしはご主人様からされるがままに
またたくさん突いていただいて……
何度めだろう、何度めかに突いていただいた瞬間、ものすごく気持ちよくなって、
たぶんイッたと思います、イッたのは覚えているけれど、
ふわっと、気が遠くなりました。
寝るとかそういうなにかではなくて、気を失ったという表現がしっくりくるのかどうなのか、
くたっとした、という感じ。

けれども、その時間はご主人様が無言でわたしの足を持ち上げ
再び「突き」を再開されることで、あっという間に壊れました。
気がついたとき、片足はご主人様がうんと持ち上げた状態で、
なんか自分が変なアクロバット状態になっていたのです。

また、たくさん気持ちよくなって、頭の中もシーツもお布団もぐちゃぐちゃになりました。


2度目のお風呂。
「きょうはね、よかったよとっても。みぃが気を失うところも、見られたしね」
そう漏らすご主人様に、やっぱりあのふわっとしたのはそれだったのかなあ、と……
ご主人様はわたしを「性処理淫具化」されることも視野に入れていらっしゃって
いるので、たとえ一瞬でもわたしが気を失いかけたのは、ご満足だったのかもしれません。
「もっとも、ほんの少しだったから、いずれもっと深いところまでいきたい」
……デスカ(*ノノ)

お風呂でぬくもったら、今度はほんとうにお着替えを。
「みぃ、きょうも熟睡していたね。みぃが熟睡するとすぐわかる」
「ええっ」
「最初はね、みぃ、ぎゅっとしがみついてるんだ。それがどんどんゆるくなってくる」
「……」
「そうして離れると、ああ、眠ったんだなってわかるんだよ」
「ゴメンナサイ」
「いや、その時間に、俺は煙草吸ったり、水飲んだりするし、
 俺自身も、結局安心して1時間くらいは寝るからね、いい時間なんだ」
ほんとうは熟睡しないで、ちゃんとご奉仕できるほうがいいのかなあ、とも
思ったりするのですが、日ごろの忙しさや睡眠不足がたたるのか、
ご主人様とご一緒だと安心しきってしまうのか、
いい確率ですやすや眠ってしまいます(>_<)

ご主人様がおやすみになるまで、起きて見守っていることができますように。
ここ最近はそんなことを思ったりしているのです(笑)


精算まで済ませて、ホテルを出ます。
そのあとは、家までお送りいただきました。

長い長い1日だったように思います。
なんだかんだで、ご主人様、遠距離を運転されたし、
ホテルでもたくさんわたしのことお責めだったし、
お疲れではないかなあ、なんかいろいろと後悔しておいでではないかしら、と
「帰りついたよ」メールがくるまで不安でしたが、
その後お帰り着かれてからわたしが
「リラックスと、お愉しみいただけていたらいいのですが」のメールをお送りしたところ
たったひとこと

「満足。(*^^*)」

のお言葉をいただきました(*´ω`*)


半ばあわただしかった、日帰り温泉の1日。
でも、とってもとっても楽しくて、うれしい1日でした。


また行きましょうね、ご主人様。


| 逢瀬と調教 | COM(0) | | TB(0) | |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。