12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2015-02-08 (Sun)
前回書いたときから、結構な時間が経っておりますが、
何事もなかったかのように続けます(笑)

ま、オチその1から申し上げますと、年末、ご主人様と
1日ゆっくりさせていただくことは叶わなかったのであります。
……わたしの忙しさゆえではありません。ご主人様に外せぬお仕事が入ったのです。

プレゼントをどうしたもんかと思いつつ、大掃除をしたり仕事に出たりと
わたしもそれなりに忙しい日々を過ごしていましたら、
年末、たった1日だけ入ったお休みの前々日に、ご主人様から
「なんとか、時間とって、あした逢えるようにしたい」
とのメール。
この時点で、ああ、わたしの休みの日にお逢いできる目は消えたなと思いましたが、
なんとか、年内にお時間をとってくださっただけでもありがたいことです。
お夕飯はご一緒できるのかな、そうだプレゼントお渡ししなくちゃ、と
いろいろなことを考えながら、年末の仕事をがしゃがしゃとあげていくのでした。

当日、軽くなら、お夕飯もご一緒できるとのお話に、(∩´∀`)∩ となりながら
ご主人様を駅でお待ちします。
いつも通り、お車に乗り込み、この日はお寿司屋さんに行くことに。
年末のせいか(すでに仕事納めも過ぎていましたので)、平日なのになかなかの
お客様の入り。しばらく、待たせていただくことにしました。

わたしはこの時間に、ご主人様にプレゼント(マフラー)をお渡しすることに。
「あのう、ご主人様、これを」
「うん?」
「クリスマスは、過ぎてしまいましたけれど」
「もう、またー」
おっしゃりながら、でも、受け取っていただけるのがうれしい。
聞けば、わたしのお気に入りのブランドは、ご主人様がかつて会社勤めをされていたときに
スーツをお作りになったこともあったとか。
袋をお開けになることはありませんでしたが、開けてみられて、お気に召されたらいいなぁ。
「ん。ありがとう、みぃ」
「えへ (*´∀`)」

……冒頭で、オチその1と申し上げましたが、
この数日後にオチその2が待ち受けていることなど、
この時のわたしは知る由もなかったのであります(笑)


お寿司をもぐもぐといただき、ご主人様とふたり、ほこほことした気分で、一路、わたしの家へ。
うーんいい年末。
いつもの通り、ちょっと長めのお時間を、ご主人様のお車の中で過ごさせていただきました。
ご主人様のお身体の熱が、とってもあったかくて、うれしいのです。

お正月はわたしも1日から仕事ですし、ご主人様は折角のお休みですし
(確か去年は、ご主人様、2日からお仕事に出られたのでありました)
なかなかお逢いすることは難しそう、ということでした。
けれどもいいのです、いいお時間でしたし、初詣だって、これは去年わたしが申しましたが
いつ行っても、その年はじめてなら、初ですものね(*´ω`*)

そんなふうにして、2014年は、終わっていったのでありました。


| 日々の雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。