123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-04-22 (Wed)
またなかなか記事が書けなくて申し訳ないことです。


わたしは年度末の業務、ご主人様は確定申告、と、それぞれがそれぞれに
あわただしい3月を過ごすなか、末頃に一度、
仕事帰りにお会いできるチャンスがありました。

そのときには回るお寿司をご一緒して、ほくほく(笑)

初夏までの予定などをお話ししつつ、家まで送っていただく帰り道。
短い時間でもそれが楽しいのです(*´ω`*)


……そしてそのあと、またしばらくご一緒できない日々が続きました。
わたし自身は異動がかからなかったものの、上司たちがごっそり交代し、
逆に仕事がおっかぶさってきてストレスに。
心身ともにぐだぐだだあ、と思いはじめたころ、
お帰りご一緒できたら、というメールをお送りするものの
ばたばたのご様子……(´・ω・`)すん。


一度、メールで「みぃと一緒に行きたいところを見つけた」と
おっしゃっていただき、わあどこだろう( ´∀`) と喜びはしましたが
「一緒のときに話すから、多少は楽しみに」とのお言葉。
逆に悶々(笑)
どこだろうどこだろう、ご主人様のお好きな場所かしら、
レトロ好きなわたし好みの場所かしら、
それとも共通で好きなアニメとか特撮関連のなにかかしら、
それとも美味しそうなレストランかしら、
それとも面白げ(←なにが?)なホテルかしら、
それともどっかのウェディングフェア!! ←(ヾノ・∀・`)ナイナイナイナイナイナイナイナイ


そんな悶々を抱えたまま、仕事の日々を過ごし……
月のものが近づいて、体調を崩しかけていたころ、
お帰りをご一緒できることになりました。
お仕事で、わたしの職場から1時間くらいのところへご出張しているらしく
その帰りに乗っけて、家まで送ってくださるとのことでした。
お夕飯におうどんをご一緒して、やっぱりほくほく(*´ω`*)

ご主人様とご飯をご一緒させていただくのは、楽しいし、好きです。

停まったお車の中でぎゅーをいただきながら、ご主人様が見つけたとおっしゃる
「一緒に行きたいところ」のお話をいただきました。
それはわたしも電車の中吊りで見かけ、気になっていた展覧会でした。特撮の。
「あしたから始まるそうでね、終わる前に1回は行かなきゃと思うんだ」

わたしもうんと頑張って、お休みちゃんととれるようにしなきゃですし
ご主人様もお仕事にご無理のないようとり運んでいただきたいところ。

さんざんに乳房をつねっていただき、ぴいぴいと鳴きながら
ゆっくりお時間がとれますように、と祈るみぃでありました。


| 日々の雑記 | COM(0) | | TB(0) | |