123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-04-24 (Fri)
車屋さんから連絡が来たのは、ある日の朝でした。
「見つけましたっ、走行距離は1万kmありませんっ。
 状態はかなりよさそうです。色はガンメタですけどよいですか」
かまいません、とお返事して、オークショントライしていただくことに。

予算内で落札できました、とのご連絡をいただいたのは、残業中でした。
電話でそのお話を聞いたとき、安堵するとともに、
とても、さみしくなりました。ぽっかりと。

前回の記事には書いていませんでしたが、
前主に最後のメールをしたためたり、大泣きしたりしたのは、
やっぱり、初代ジージョくんの中でした。
ふかふかと柔らかいシートにしがみついて、声をあげて泣いたものでした。
病気の父を見舞うため、職場と家と病院を行ったり来たりもしました。
まだご主人様と出会うまえ、ひとりでヒーローショーを観にも行きました。
酔い潰れた同期の男の子を乗せて、家まで送ったこともありました。
大雪の中、大雨の中、夜中、明け方、がんばって走ってくれました。
検問にも引っかかりました。違反キップも切られました。

思い出がみんなみんななくなるのだなあ。

そんなことを考えつつ。
2代目納車についての打ち合わせが進んでいきました。
そのなかで、初代はどうなりますか、と、担当のひとに聞いてみました。
一瞬の躊躇のあと、担当のひとがつないだ言葉に、
ぶっちゃけ涙がぽろっといきました。

「その……私どもで引き取って、廃車処分……かと」

廃車処分。
まだしも下取りなら、ダメージは少なかったのですが。
「……そうですか」
「年式と、走行距離、あと、修繕していないドアが問題です。
 まだ走りますから、もったいなくはありますが」
「まだ……走りますよ……」
自分から2代目を探してくれと言いながらなんだコイツ、と思われたかもしれません。
「お知り合いのかたにお譲りになるという手もあります。
 車検証の書き換えはこちらで行えますよ」

…………
廃車になるよりは、そのほうがマシかもしれない。
わたしは母にこの件を話し、弟にジージョくんを譲ることにしました。
……この弟は、ジージョくんにいろいろとしでかしてくれた
(ぶつけてドアをぼろぼろにしたのは、彼です)ので
ちょっと紆余曲折を経ましたが……

2代目がうちにやってきた2日後、わたしが仕事に出ていたときに、
ひっそりと初代ジージョくんは引き取られてゆきました。

せめてお別れは言いたかったし
弟に「大事にしてね」と言って鍵を渡したかったのですが
なにか後ろめたいことでもあるのかないのか
いまだにメールひとつよこしやがりません(笑)


2代目は、製造終了前の最後の年式で、
初代に比べてサイドブレーキの位置もシフトレバーの位置も違うし
あちこちがまだちょっと違和感にあふれています。
けれど、きっとじきに慣れるのでしょう。
そうなったら、母と一緒に旅に出るつもりです。

これから先の思い出は、2代目と新しく作ってゆきます。
永く永く、よろしくね(*´ω`*)


| 日々の雑記 | COM(4) | | TB(0) | |