12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015-10-01 (Thu)
本当は、この場にはふさわしくない話題なのかもしれません。
けれども、自分のなかの、おぼえがきとして。
そして、その時、自分がどう思っていたか、ご主人様はどうおっしゃったのか、
忘れないために、残しておこうと思います。

人間ドックが終わってから、すこしして、わたしは仕事で北陸へ出張にゆきました。
ほぼ一週間程度留守にするものでしたから、前日ギリギリまで、
終わらない仕事を片づけたり、引継ぎを作ったり
(結局、作りきれませんでしたが)していました。

出張先でも、電話はよくかかってきました。
「あの件がまだ終わっていないらしい。どうなってる」
「この件で問い合わせがあった。どうなってる」
そのたびに、記憶を掘り返して応対したりしましたが、なにしろ北陸と九州、
すぐさま戻るわけにもいかず、しかし毎日もやもやとしながら、
どうかきょうは電話がかかってこないでほしい、なにかまたしでかしてやしないか、
そんな気持ちで、ある意味強迫的になっていた、とは思います。

出張から戻ってくると、案の定というかなんというか、
追及のひどいことひどいこと、
そりゃあそもそもは自分が仕事をほっぽらかしたり
先延ばしにしたりしていたためですから、悪いのは全面的に自分なのですが
上司と同僚に大変叱られました。
そうして、自分のデスクの引き出しも全部総ざらいされ
(書類がとっ散らかって、何が何だか、の状態だったのです)
またあれこれと追及が進み、しまいには仕事を全部リスト化され
毎日上司に報告すること、との指示までされました。
(これは結局、1ヶ月とすこしで立ち消えになりました)
また、自分が事務畑の人間であったにもかかわらず、
手続き遅れでほかの社員に迷惑をかけてしまって、
このころだけで始末書は総計3枚か4枚くらい書いたと思います。

その間にも上司との面談、というか、叱責アンド話し合いは続いていました。
内容としてはおおむね
「なぜできない」
「なぜ先延ばす」
「以前の支店でも同じようなことをしていたと聞いた。
 業務知識はそれなりにあるのになぜ」
といったような感じでした。
なぜと言われても、自分ではうまく答えられません。
確かに、上司の言う通り、10年も同じ仕事をしてきていますから
知識だけは無駄にある状態ですし、資料の検索能力だけは他に誇れるレベルでした。
けれども、いざ、自分の仕事となると、引き出しの中はぐちゃぐちゃだし
締め切りの迫っている仕事に限って先延ばしにしようとするし
(実際何件もそれで督促まみれになっているし)
しかも報告は決裁をとらないで先にやってしまうなどなどなどなど
わたしが上司でも「いやお前何やってんの?」と言いたくなるレベルだと思います。

何枚目かの始末書を提出したあとのある日、わたしは支店長室に呼ばれました。

続きます



| 日々の雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
2015-10-22 (Thu)
普段人あたりのよい支店長でも、さすがに3枚も4枚も始末書を出せば
叱責されてもおかしくはありません。
支店長室に入るのははじめてではありませんでしたが、自分の犯したミスと
始末書のことと、いろいろとで、やっぱりその件だろうな、処分について
なんかお話があるんだろうなと、わたしはそう思って、入っていくのをすこしためらいました。

「座って」
応接用のソファーに促されて、座ります。わたしはうつむいたままでした。
「……きつそうだね」
「……まあ、はい……」
そんな会話から始まって、支店長はぽつりぽつりと話を始められました。

あなたがそうだ、と決めつけるわけではないが、障害があるのではと思っている
あなたを知るいろいろな人に聞くけれども、知識やある一定の能力は持っているのに
仕事を追いつかせることができない、ためる、まとめきれない、みな一様にそう言う
自分もこの仕事が長いから、あなたと同じような人を知っている
注意欠陥障害(ADHD)というのだけれども、一度、ネットで検索などして、
セルフチェックを受けてみたらどうだろうか
結果がわかったら教えてほしい
結果如何によっては、バックアップや病院受診も考えなければならないから

実はずいぶん前に、自分でも検索してみて、
「いやまさかな……」と思ったことはありました。
ただ、セルフチェックとか、そういうのはちゃんとしたことがありませんでしたから
勧めてくれた支店長のためにも、あと、自分で、何がどうなっているのか
知るためにも、その晩、わたしはネットで見つけたありったけの
セルフチェックを試してみました。


真っ黒でした。


えぇ……と思いつつも、翌日、チェックシートを持って、
わたしはもう一度支店長室に向かいました。

チェックシートを見た支店長も絶句していました。
ここのところ、がつがつと面談を行った上司も同席して、やはり絶句。
その場で会社の産業医に連絡を入れ、あとの対応について、指示をくださいました。

まずは、近所の精神科に相談をする。
そのうえで、もし、該当障害の専門でなかったら、専門の病院を紹介してもらう。
話はそれからだ。

とにかく専門医というか、お医者様の診断がなければどうすることもできません。
専門かどうかは定かでなかったのですが、
幸いご近所に、長く運営されている精神科がありましたから、
とにかくそこに行ってみよう、と思いました。

受診の予約を取る前だったか、とってからだったか、
ご主人様にも、この件はお話ししました。
ここのところ、眠れていない、だったり、夜中に何度も目が覚める、といった
話はしていましたから、ご主人様もわたしの不調は十分ご存知でしたが
さすがに障害があるのではというところにまではお考え及ばずだったようで
それでも
「病院にかかったら、ちゃんと結果も出るのだし、
 それから治療とか考えればいいんだよ。大丈夫だからね」
とおっしゃってくださいました。

ご主人様の「大丈夫だからね」には、いつも、こころがじんとします。
うん。
きっと大丈夫。

どきどきしながら、でも、親には話のできないまま、
受診当日を迎えるのでした。

続きます



| 未分類 | COM(0) | | TB(0) | |