12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2016-05-05 (Thu)

過去の話を書く前に、拍手やTwitterなどでご心配をいただきましたので……


4月、九州を、震度7の地震が襲いました。

以前から申しておりますように、みぃは九州人です。


一番最初に大揺れしたとき、わたしは離れの部屋でのんびり中でした。

警報で唸りまくる携帯電話と尋常じゃない揺れに、あわてて母屋の茶の間へ。

幸いにも家に異変は起こらず、家族も無事で、ご主人様からはすぐに

「こっちは大丈夫だからね」とのメールをいただきました。


また、「本震」と呼ばれた数日後の地震のとき、発生時間の深夜1時過ぎには

ちょうど泊まりの仕事中でした。

こんなにも、実家のことが心配になった夜はなかったと思います。

幸いにも、このときも、実家もご主人様も無事でした。


それから数週間、熊本地震と名付けられたその災害は、現在も続いています。

九州人ではあれど熊本人ではないもので、わたし自身が

大きな被害を受けることはなかったのですが、熊本には

仕事上の知り合いや友人がたくさんいます。


きょうも、お昼に何度か揺れました。

熊本、そして大分に暮らす方々も、特に、落ち着かぬ日々をお過ごしと思います。

みぃにとって大分は第2の故郷でもありますので、やはり気がかりです。


月並みではありますが、どうか1日も早く、

安寧の日々が訪れますように、祈らずにはいられません。



わたしは無事ですよ、のご連絡と、

祈りの記事でありました。


ご心配いただいた方々、ありがとうございます。




| 想いと考え | COM(8) | | TB(0) | |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。