123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-06-09 (Sun)
時系列がようやくリアルになりました。

「送ることができるかどうかわからない」とおっしゃっていただいていたこの週、
わたしも月初めゆえに仕事がバタバタとしていました。
それでも夕方にはちまちまメールをお送りし、木曜日の夜、お帰りを
ご一緒させていただくことができました。

土曜日が毎年恒例の人間ドックのため
お夕飯をご一緒させていただきながら、あしたは消化にいいものをお食べね、といった
アドヴァイスをいただき、のんびりとした時間を過ごしました。

気になっていたのは、人間ドックから連なる週末のことでした。

以前、どうしても行きたい場所があって
ご主人様にお話させていただいてて、どうせならわたしの誕生日が日曜なので
ご一緒できたら、というお話をしていたのです。

ささやかな願いではありましたが。

ここ数年間、誕生日にいい記憶があまりなかったもので
なんとか、休みを確保できるようにするよ、土曜日から引き続いて、との
お言葉がとても嬉しかったのです。

土曜がお昼まで人間ドックですから
そのあとにお逢いして、もしかしてお泊まりなんかできたら嬉しいし、
ずっとひとりで訪れていた(そりゃ親兄弟とも行きましたが)某場所に、
ご主人様と行けるんだ、というので、この1週間完全にそれだけのために
仕事がんばっていたと思います(笑)

家の前にお車を停めていただいて、「週末は大丈夫な感じですか?」と
お伺いしますと、土曜日は病院に迎えに行くよ、とおっしゃっていただきました。
「じゃあ、お泊まりの支度して病院に行きます」

「あ……泊まりは……ちょっと無理かな」

え。

「じゃあ日曜日は……」
「うん……難しい。だから土曜日長くいられるようにしたよ」

にわかにゆるゆると寂しくなりました。
お伺いすれば、月曜日がお仕事で、日曜日もそのご準備でお忙しいとのこと。
大人の事情にわがままをぬかすほどわたしも子どもではないつもりだけど、

だけど。

「ぎりぎりまで調整してみるから。
 土曜日一緒に過ごして、日曜日、朝から出かけられるように」

そうおっしゃっていただいて、嬉しい一方、
どうかご無理はなさらないでくださいねと、わたしは大丈夫ですからと、
誰にそんな取り繕う必要があるのか、何故か必死にそう言っていました。


いい子でいようとしたのかもしれません。


なにかが壊れることを、恐れたのかもしれません。

それは経験に裏打ちされた、自己防衛だったのかも、と、なんとなく思います。



| 日々の雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。