123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-06-13 (Thu)
** タイトル及び内容がご不快なかたは、スルーください。



わたしには、その「癖」が、子どものころからありました。
たぶん、ものごころついたころから。

イライラしたり。
考えごとにふけったり。
周囲に当たり散らす代わりに、たぶん、そうしていました。

それが「癖」としてはっきりしだすと、なんでもないときにも
たぶん、心の平安をもとめて――そうしていました。


 爪噛み。


もう30年近く噛み続けてきたせいで、
爪は年中深爪状態で(しかも全然痛くはなく)変形し、両脇はいつもささくれ。
指先は見られたものではないボロボロぶり。
無意識にひっかき、噛み、血を流すことも多々。
もちろんネイルなんてできやしない、つけ爪もうまくはまらない。

これも「自傷」のひとつであることを知ったのは、つい、最近のことです。

でも、治らないだろうなと思っていました。
親に指摘され、叱られ、あらゆる手を講じても、やっぱり、治らなかったのですから。
(いや単に意志が弱いともいう)
父に、最初で最後、ひっぱたかれたのも、この件ででした。
身体が吹っ飛んでドリフのコントのごとくふすまに突っ込んだほどに。


ご主人様に出会ったころも、ご多分にもれず指先はモロモロのボロボロでした。
積極的に手を握ろうとしてくださるので、はじめてお逢いした日は
「すみません……指先がボロボロで……噛むので……」
と申し上げてしまったくらいで。
はじめてお逢いしたときは、そのことに関してなにもおっしゃらなかったのですが
しばらくしてから、変形した爪の表面を見とがめられました。
(いつからそうなっていたか覚えていませんが、ある爪だけ波打っているのです)
「これ……」
「……あの、……申し訳ありません」
「栄養は足りているの?」
「有り余るほどに足りてます」
「睡眠もちゃんととるんだよ。爪の色もよくないし……
 もし治らないようなら、病院に行ったほうがいいかもしれないね」
「ハイ」
ざらざらに剥けている、親指のささくれを撫でながら、ご主人様はおっしゃいました。
どちらかというと心配が主で、頭から叱られなかったことが、
なおのこと、心に染みました。



以降。

病院に行く暇はありませんが、噛む頻度はすこし減ったように思います。
いかんせん強度が弱いために、伸びても割れることが多いのですが
それでも、切るのに爪切りを使いはじめたあたり、進歩だと思っています。
ささくれもぐっと減りました。

30年かけて変わってしまった爪が、一般の女性たちのような
綺麗なかたちに戻るのかどうか、それはわかりません。
ある意味では、罰、のような気も、しています。

でも、
できることなら、治したい。
ここまで生きてきて初めて、そう思いました。

治すためのいっぽいっぽ、は、
やっぱりこれも、ご主人様のための、いっぽいっぽ、のように思います。



頑張りたいなって、思うのです(*`・ω・´)



| 想いと考え | COM(18) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。