12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-09-29 (Sun)
体調がどうたら、先の記事ではそんなことを書いていたわたしでしたが。

ステージが終わって2日後、なんだかのどが痛い。
「……?」
その日の夕方から、空咳が出るようになって、ヤバいなコレ風邪かなあ……と
思いはじめていたら、翌日、のどの痛みがまるごと消えていました。
おっ、と思って喜んだのですが……、咳が止まらなくなりました。

これは風邪じゃない……!!(汗)

随分前の記事に書いたことがありますが、気管支があまり強くないわたしは
数年前にはじめて季節性の喘息を発症し、
以降春先には必ず咳が止まらないという事態に陥っていました。
去年は幸いにもはっきり発症ととれるものはなく、改善できたかなと油断した矢先。
しかも発症したことのない秋口に。

翌日も朝から咳は出っぱなし、とうとう課長や部長に「いいから病院行って来い」と言われ
時間休をとって、かかりつけのお医者様を受診。

「喘息の咳やね」

やっぱり _| ̄|○
血液検査の結果、白血球も通常より増えており(1万近くの数値だったそうで)、
気管支炎から喘息を併発したのであろうという診断。
(熱はまったくなかったのです。不思議)
お薬をいただき、仕事に復帰しました。
ご主人様からは「明日か明後日に、送れると思うよ」とのお言葉をいただいていたので
お逢いできる、お話もできる、と楽しみにしていましたが

ご主人様にはお風邪の症状が。

すぐさま対処をされたようなので安心はしましたが、
今週送っていただく目は完全に消えたなと(´・ω・`)
もちろんご主人様のお身体は大切にしていただきたいですから、
ご養生なさってくださいね、とメールをお送りしました。
けれども……たぶんいままでで一番さみしくなりました。


 お逢いしたかったな。


というのも……
喘息や気管支炎もなかなかに大変でしたが、この、病院にかかる前日の夜、


みぃの身に

人生初のとんでもない事態が起こっていたことが

発覚していたのです。


| 日々の雑記 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。