123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-10-03 (Thu)
電話を切ってしまってから、
あぁ、まだお身体本調子ではなかったみたいだし、いらぬことをした、
そんなことを思いました。
もしかしてもうお休みだったのかも。

そこでわたしは「申し訳ありません」メールを送り、そのまま帰りの電車に乗りました。

到着駅のひと駅前あたりにさしかかろうとしたとき、ふと携帯を見ると、
ご主人様からの着信が。
わたしは電車では携帯をサイレントにしているので、気がつかなかったのです。
メールをお送りしようとしたら、先にご主人様からのメールが。

「夕食の支度で気づかなくて、電話とれなかっただけだからね」

アチャチャチャ二重三重に申し訳ない。

電車を降りてすぐ、ご主人様にお電話します。
やっぱり、お声を聞いておきたくて。
もしもお叱りだったとしても、病院に行く、ほんのひと握りの勇気がほしくて。

「もしもし」
「お疲れさまです、ご主人様。お電話、ありがとうございました」

そこから始まって、帰り道をとぽとぽと歩きながら、事態の説明をしました。
周りを走る車の音と、わたしがあんまりめそめそ口調だったので、
ご主人様が事態を飲み込むには、少し、時間が、かかりました。

「そういうことかあ」
「はい……」
「病院は近くにあるんだね? 送り迎えとか、しなくてもいい? 大丈夫?」
「大丈夫です、すぐ、そばなので」
「とにかくね、皮膚科に行って、そこでもし違うなって思ったら、心療内科に行くのもいいし、
 もし心療内科に行くとき不安だったりしたら、俺もみぃと一緒に行って、先生の話、聞くし、
 大丈夫だからね。原因がわからないのだし、あんまり気にしすぎないこと」
「はい……」
「何かわかったら、連絡するんだよ。とれるように、しておくからね」
「はい(´;ω;`)」


なにかあったら一緒に病院についていく。
そこまでおっしゃってくださったご主人様のお心が嬉しく、わたしは、
うんと勇気を出して皮膚科に行こうと思いました。
(こんな理由で皮膚科にかかるのは初めてでした、当然ながら)



翌日。
わりあいに評判のいい、近所の皮膚科に行って、個室に呼ばれますと
有無を言わさず看護師のかたから頭の写真を撮られました(笑)
経過観察のためだそうです。

すぐに目の前のパソコンに画像がアップされましたので、わたしも見てみましたが、


コレ冗談抜きで8cmCD(若い子は知らないだろうな)くらいあるんだけど(((( ;゚Д゚)))


ホントにいつの間にこんなになくなっちゃったんだ…………

先生に触診していただきましたが、原因はあまり追究されず

「血液検査をしておきましょう。ほかの病気の可能性があるので。
 結果如何によっては大学病院を紹介しますが、とりあえずいまは、通常の治療をしましょうね」

結果は次週ということになりました。

ご主人様にもご報告。

「とにかく、先生の言うとおりに、薬を飲んでおこうね。咳のほうは大丈夫?」
「そっちはまずまず治ってきました」
「それならよかった。無理はしないことだよ」
「はい」


メールでも、しょっちゅう、髪のことを気遣ってくださる。
ありがたくてありがたくて。
早く治さなくっちゃな、そんなことを思いつつ、週末が終わっていきました。


| 日々の雑記 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。