123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-12-03 (Tue)
「あしたは午前中仕事だけど、午後からは空いてる(^^)」

そんなメールをご主人様から頂いたのは、11月最終週にようやくとれた
平日休みの前日でした。
ひとまず予定はお伝えしていたのですが、なにしろお忙しいご主人様のこと、
お逢いできるかどうかも若干危うかったのですが……

聞けば昼食も夕食もご一緒できるとのこと。
これはまたとない幸運(人´∀`).☆.。.:*・゚

でもまあ、時間は短めだし、もしもその……ご休憩の部屋に入ったとしても、
お昼寝になるだろうなあ、と思っていました。


13時半ごろにご主人様と待ち合わせ。
そのまま、お寿司を食べに行きました(もちろん回るやつです/笑)。
そのうち、フレンチとかイタリアンでも食べたいな、と思ったりもするのですが
ご主人様のお気に召すお店がいまひとつ少ないらしく……
いまいちだったよ、とお話しになるお店の中には、わたしがそこそこ
好きなお店もあったもので(´・ω・`)
いつかご主人様が「ここはいいねえ」と思われるお店が
和洋中を問わず見つかればいいなあと思った次第であります。


お車に乗り込んだのは14時半過ぎくらいだったでしょうか。
「さあて、みぃとお昼寝しよう」
とおっしゃっておいでだったので、もうわたしは完全に寝る気でした。

真なる意味で。

まったく学習能力がないことで恐縮なのですが、どうもどっかニブチンなのですな。


7月の擬似お泊まりの時に使ったホテルに着きますと、
平日のお昼だというのに結構な混み具合。
なんとか空いているお部屋を見つけ、ご主人様のお車が停まります。


部屋に入って、荷物をおろして、ご主人様の上着をハンガーにかけます。
そのあと、すぐに――――
うしろから抱きすくめられました。

「ひゃ」
「久しぶりだね。みぃ」

耳と首をかぷかぷ。

「お風呂に入ろうね。支度をしよう」

バスタブはなかなかに広く、これは大変よさげ。
お湯を溜めはじめて、部屋に戻ると、ご主人様はソファーでくつろいでおいででした。
所在なく、立ったままで、床に座ろうかなと構えたとき、

「どうしたの。ここにきて座って」

じゃあソファーに。
お隣に座らせていただくと、ご主人様はわたしの身体を抱え込むようにして
あちこちをいじられます。
口を犯され、乳首をつねられ、お尻を叩かれて。


この時点ですでに大変気持ちよがったくせに、ことここに至っても

え、きょう、昼寝じゃないの?

と思う始末。



このニブチンが!!



つづきます。


| 逢瀬と調教 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。