12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-12-11 (Wed)
最初にぶっちゃけておきます。

たぶんこのことはご主人様もよくご存じではないと思います。

現在、わたしは【牝犬M奴隷兼恋人】として、ご主人様にお仕えしていますが

30年余りの人生、【恋人】なんて枕詞(←違う)のつくお相手は


 ご 主 人 様 が は じ め て で す 。



……まあなんだ。
文字通り「恋愛経験がロクにない」女だったわけで、
……そういうのなんていうんでしたっけ? 干物? よくわかりませんけども(汗)

片想いくらいはしたことがありますが、
生来の姉御肌というかサッパリしすぎる性格が災いしてか、告白してもことごとく玉砕し
しまいには「告白してさ、つきあって、で、何すりゃいいわけ?」と開き直る始末。
だもんで、彼氏とか恋人とかいたことがありませんでした。ホントひとりも。

ご主人様の募集文に書いてあった【牝犬M奴隷兼恋人】に、
特に違和感があったわけではなかったのですけれど。

恋人同士って普通何すんのだろうな?

くらいにしか思っていなく……
実は、ご主人様にお仕えするようになったいまでも、よくわかりません。

そもそも、よく「恋愛は対等」と言われているようですが、対等ってなんだ。
なにをもって対等というんだろう?
タメ口をきくことか?
デートのときに割り勘することか?
それともそんな簡単なものじゃない、もっと意識的なところだろうか。

ご主人様は年上ですし、いつでも敬語でお話ししています。
けれどもデートのとき……わたしがお財布を開くことは、少ないです。
ファミレスのドリンクバーチケットは、お預かりしていますけれど。
お食事の時はご主人様がお箸をつけられるまで待ちますし
(わたしのが先に来て、おすすめくださったときは、「お先に失礼します」となりますが)
基本、ああ、ここが対等だな、と思うことは、ないような気がする。
……いや……アレかな、行ってみたいところをお話するのは、対等と呼ぶのかな?


となるとこれはアレか。恋愛とは違うのか!?


気持ち的なところをまとめると、ご主人様のことはとても好きです。
むりくり切り離して言うと、男性としても、ご主人様としても。
が、なんていうんだろ、「好き好き大好きキャー(≧▽≦)」みたいな感じではなくって
胸の中にふつふつと静かに煮立っている気持ちというか
言葉として近いのは「お慕いしている」というか。

好き、という言葉はなんか、幼いような気がするきょうこのごろ。
ブログ紹介文とかからもこっそり「大好き」を消してみました。
なんか気持ち的に落ち着きました(笑)
どうもこう、ずーっとフワッフワして、地に足のついていない感じでしたので。


ブログ村のそういうカテゴリにいることもあって、恋愛主従でいらっしゃるかたの
記事をよく拝見します。
切り分ければ、わたしも、恋愛主従なのかもしれません。しれませんが、

そもそも恋愛ってなんですかね……。

ここのところ、「主従ってなんだろう」といったようなブログ記事をときどき
見かけますが、わたしは逆にそう聞きたいのであります。

こんなヤツ珍しいんじゃないですか、30歳越えのくせにね(笑)



そこで思い浮かぶのが、自分の親のこと。

わたしの母については以前すこし書きましたが、彼女はたった1回の見合いのあと
相手――のちに、わたしたち姉弟の父となるひとです――と2回だか3回だか
打ち合わせのために会ったくらいで、結婚式を迎えました。
「恋愛とか、結婚してからだったわねえ」
と言っていましたが、わたしたち子どもの目から見てもそんなイチャコラつくような
夫婦ではなかったですから、恋愛する暇なんかなかったのではないかなあと思います。
同い年ではありましたが、家の教育方針から父には必ず敬語で話し
午前様になろうが明け方になろうが父の帰ってくるのを茶の間で待ち
父が帰宅後午前3時に飯を食うと言えば支度をし
片付けを終えてから寝ても父より早く起きる上着替える服の支度は完璧で
かしずく、という表現が、ある意味でしっくりくるような、そんな感じでした。
(それでも、子だくさんですから、きっちり営みはあったのでしょうが……生々しいわ!)

本人曰く、「色恋沙汰とは無縁の人生を送ってきていきなり結婚」ですから、
その娘がこんなんでも仕方がないっちゃあ仕方がないのか(苦笑)

それでも、30年という歳月をともに過ごしてきたふたりでしたし
文字通りその最期の瞬間までともにいたわけですから
心の深い深い奥底では強くつながっていたのでしょうし
それを父母なりの恋愛だったと呼ぶならそうなのだろうなとも思うのです。


似た形を歩んでいるだけなのかなあ、わたしは。
わたしにはそれに主従というか「飼われている」が付随しているだけなわけで。


もしもいつか遠い未来で、ご主人様がときどきおっしゃるように
ずっと、ずうっとご主人様のお足元に居させていただくことができるのならば、
わたしはたぶん母親がそうしたように
ご主人様を愛し、ご主人様にお仕えしてゆくのかなと……思います。


わたしはわたしらしく。

思うままに書いたら、なんかあんまりまとまってないですね(笑)
そして今更「愛し」って書いたことが
猛烈に恥ずかしい照れくさいどうしようごめんなさい(遁走)



| 想いと考え | COM(14) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する