12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-12-28 (Sat)
クリスマスだ聖夜だ云々だがあちこちのブログでささやかれるすこし前、

みぃは人生で初

ステージで縛られました。


というのも、いつものイベントステージにて
お芝居でそういう役割をいただき

手錠拘束ののち

簡易も簡易な縛り

簡易も簡易な猿轡



そのあと刺し殺されそうになる展開で

なんともなんともありがとうございますバッチコーイ!! な、
そんなことになっていました。


縛ってくれる子は当然ながらそういうのは初めてで
無論外すこともしなくてはならないわけですから、ただ二重にした縄を
後ろ手で結ぶだけのものではあったのですけれど
それでもそれなりにきつく締めないと感じが出ないので
稽古中には

「いいからもっときつく!!」

と言ってみましたがどう見てもなんだか危ない画

しかも縛られて刺されそうになってニヤニヤニヤニヤしていたらしく
「みぃさん!!」
とリーダーから突っ込まれる始末。

ご主人様にはなにもお話していなかったですし、
(詳細にお話する余裕がなかったというのもあります)
当日はお仕事がお忙しくご覧いただけなかったのですけれど、
もうボルテージが上がる上がる(笑)


縄や道具での拘束は、まだご主人様からいただいていません。
(タオルでの猿轡は、経験させていただきましたが)
以前のお相手が特別肌の弱いかただったらしく、緩めに縛っても
跡が残ったということで、縄は使わなくなった、と、お話しくださいました。


ただ…………
いつか。
いつか、使ってもらえたらなぁと……
思わなくはないのです。
わたしも肌が弱いですから、微妙かもしれませんが(汗)


縄での緊縛はどちらかというと夢というか。
いつかはされてみたいことのひとつでありましたし
今回、一重とはいえ後ろ手に回して、縄でキュッとされて
なおかつ猿轡までかまされたときの
なんというかあの高揚感ときたら。





…………刺されそうになる直前、

細かく喘いだのは

誰にも聞かれてなかったと…………



思いたいです。


| 日々の雑記 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。