12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014-04-21 (Mon)
新年度に入ってすぐ、ご主人様とお帰りをご一緒できる機会がありました。
その日は普通に帰るつもりでしたが、夕方ごろ家の近所で鉄道事故があり、
帰りの電車は見事ダダ遅れ……
ご主人様もその情報はつかんでいらっしゃって、「送るだけならできるかも」と
ご連絡をいただきました。
連日お忙しい中で、お疲れのご様子でしたから、「大丈夫ですか」と
お尋ねするも、「うん、送るだけなら、大丈夫と思う」とおっしゃっていただき……

駅で待ち合わせました。

車に乗ってすぐ、ご主人様が、後部座席のお荷物をごそごそなさいます。
そこから出てきたのは、袋にくるまった箱でした。
「これね、みぃに」
「わたしにですか? なんでしょう」
開けてみますと、箱の中身はお酒でした。
「梅酒ですね……?」
「この前仕事で買い付けに行ったときに、お酒のフェアをやっていたんだ。
 ネットでしか売られていないレアものらしいよ」
「え、これ、いただいてよろしいんですか」
「もちろん。みぃのために買ってきたんだ。まだ咳が出ているから、
 いま飲むと喉をやられるかな? って、ちょっと思ったけれど……」
「ありがとうございます。ちびちび飲みます」
「そうだね、家族のひとと飲んでもいいし」
身体のことがあるから、お酒を飲む機会は減りましたし
家で梅酒を作っているということはありましたが、それでも、
ご主人様がわたしのためにお買い求めくださったもの。

うれしい。

袋ごと、梅酒の箱をぎゅーっとして、何度も何度も「ありがとうございます」と
申し上げました。

ちびちび飲もう(*´ω`*)


家に着いて、いっぱいいっぱい、ぎゅーっとしていただきました。
キスもたくさんいただけて……
でも、すごく久しぶりというのと、きっとここから先、また忙しくって
お時間なかなかとれないだろうなあと思って、ちょっぴりしゅんとしていましたら
ご主人様は「ちょっとだけだよ」とおっしゃって、
ズボンのファスナーを開けてくださいました。


きょ、去年ぶりではないでしょうか!!


「握っていいよ」


なんならご奉仕させていただけませんでしょうか!!


「先っちょにチュッとしてごらん」


どうもお久しぶりでございます!!(←おかしくなった)



チュッとしてごらん、とはおっしゃいましたが、舐めるとかしゃぶるとかの類の
ご命令は頂戴していませんでしたので、頂点にやわらかくキスをさせていただき、
ほんの少し、ほんの少しだけその付近を舌でなぞらせていただきました。


「ここまでね」


(ノ ´゚д゚`)ノ アーン


「最後までしてもらいたいけれど、そうしたら、帰るだけの体力がなくなりそうでね」
苦笑されるご主人様。やっぱりお疲れなのだなあ、と、申し訳なくなりました(´・ω・`)
それでも、すこしの間、ご主人様のものを触らせていただけました。
すごくすごく久しぶり。あたたかくて、そして、ご主人様の鼓動を感じます。
あまり撫でるといけないと思うから、そっと握るだけ。

すこしして、もう一度、頂点へのキスをお許しいただいて、
ご主人様のものはジーパンの奥にしまわれていきました。

ちゃんと時間を作るようにするからね、とおっしゃっていただきはしましたが、
きっと今月は難しいだろうなあとも思いつつ、
ご主人様のお誕生日のお話、ここから先の、人間ドックや免許更新のお話などを
させていただいて、わたしは車から降りました。


お仕事のご無理はしていただきたくないですし、
やっぱりご主人様のお身体がいちばんと思っているわたしが
お逢いできないことくらいでめそめそしちゃだめだよね、と思っています。
本音はまあそりゃお逢いできればこの上なく嬉しいですが、
お身体の具合と天秤かけてまでは望みません(´-ω-`)


次はいつかな、と思いつつ。


あっという間にそろそろ4月末ですね ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、


| 日々の雑記 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する