123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-05-05 (Mon)

ちょっぴり緊張したままのわたしと、いつも通りのご主人様。

時間はもう夕方だったのですが、休憩とおっしゃるのは……
やっぱり、「そういう」、休憩……なのかなあ……

お車の走る間、わたしにもご主人様にも、
何度かお仕事がらみのお電話が舞い込んできたりはしましたが
あれよあれよという間に、今回で3回目となるホテルへ。

お部屋に上がって、荷物を下ろし、上着を脱ぎます……
すぐに、うしろから、抱きすくめられました。
「みーぃ」
「ひゃ……あ」
耳と、首筋を、かぷかぷされて、あっという間にとろけます。
「相変わらずだねぇ、みぃは……」
「うー」
お風呂の支度のあと、ほら座って、と、ソファーに促していただいて、
座ると、ご主人様は持参された袋からプリンをお出しになりました。
ぷーん、と、甘ーい匂いが広がります。
ご主人様は何口かお召し上がりになって、すぐに、わたしの頭を抱えて……

口移し。

口の中が、甘い甘いプリンで、いっぱいになります。
「んん……んー」
何度も、何度も、口移しいただいて。
「美味しいねぇ、みぃ?」
「お、い、しい……でう……」
早くも頭にもやがかかったように、ぼうっとしてきました。
そのとき、もう、わたしはすっかり気持ち良くなってしまっていたのです。

プリンがおしまいになったら、ご主人様はゆっくりとジーパンをお脱ぎになりました。
トランクスからものをお出しになりますが、すでに、みちみちと大きく……
先日お預けされていただけに、もう、うれしくてうれしくて仕方なくて、
すぐに、ご奉仕をはじめました。
舐めたり、しゃぶったりするだけで、脳内がとろとろになりそうな気持ち。
じゅぶじゅぶと唾液まみれにしながら、なりながら、全身がじんじんと
よろこんでいました。

「さあ、お風呂に入ろうね」
ご主人様がそうおっしゃいますので、服を脱いで、ご主人様のあとを追ってお風呂へ。
入りますと、すぐに、お湯をいただきます。
「ほら、もう、こんなだ」
「はう」
下腹部を撫でられて、自分でも気がつかないうちに濡らしていることがわかります。
ざー、と、洗っていただいて、もう恥ずかしくて(>_<) いまだに、慣れません……
椅子におかけになったご主人様のものを、丁寧に、洗わせていただきます。
ひとつひとつのことが、久しぶりで、とっても、うれしい……。

洗い終わりますと、乳首をいっぱい引っ張っていただき、また、じんじんとうれしく。
どういう流れでか、よく覚えていないのですが、ご主人様の上に腰かけさせていただきました。
ぬるぬるの、自分の下腹部と、大きくなった、ご主人様のものが、ぬりぬりと滑りあいます。


ほしい


これでさえも気持ちがいいのに、入ってしまったらどうなってしまうのだろう。
ご主人様はお風呂ではお入れにならないので、これ止まりではあるだろうけれど、
でも、ああ、とても気持ちよくて、腰が、動く。

スパーン!

「あー!」
お尻を勢いよく叩かれて、悲鳴が起きます。
この日、ここで、何度も何度もお尻を叩かれました。
それでも、ぐちゃぐちゃの顔で、たぶん気持ちよかったのだと思います、
痛いとも、やめてとも、言わなかったような、記憶があります。
いっぱい叫んで、鳴いて。

ご主人様は満足そうな……嬉しそうなお顔をしていらっしゃるように、見えました。

湯船でも、首をかぷかぷされました。
お腹をすこしさすさすされて、
「お、すこし、締まったね」とお言葉をいただく(*´ω`*)
「少しずつね。無理しないようにね」うー。頑張りますよう。

湯船の時間は短く、すぐにあがりまして、お部屋に戻ります。
身体を拭いて、部屋着に着替えましたら、ご主人様がベッドわきに腰かけられて

「ここにおいで」

わたしの腰をつかんでそうおっしゃいますので、
……アレですか、まさか、逆から入れてみなさいとそうおっしゃるので?
とプチパニック。
要するに、ご主人様に背中を向けて入れさせていただく、と……

そのようにしてみました。

ねり、と入れてみます。
もうご主人様のはぱつんぱつんで、入っているのか入っていないのかすら
わからないくらいきっつい……(>_<)
なんかわたしの入口で潰されて縮んじゃってんじゃないかと思うくらい。

「ほうら、入った……すぐに入るね」

腰を浮かせたり、くっつけたりしながら、自分の身体が自然に動いているのがわかります。
仰向けに倒れたり、気を取り直して身体を起こしてまた腰を動かす……

その時間がすこし続いて、やがて、ご主人様はベッドにお上がりになりました。
仰向けにおやすみになって、入れてごらん、とおっしゃる。


そういえばコンドームつけてない……


そのことに気がつくのは、ずいぶん後になってからのことでした。



| 逢瀬と調教 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。