12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014-07-14 (Mon)
先月のお話になりますが、もうこのブログでもすっかり恒例となりました
人間ドックに入ってまいりました。
毎年誕生月の6月に受けると決めていて、基本的な内容に
胃カメラと婦人科検診と腫瘍マーカーのオプションつき。

1年に1回のことではありますが、自分の健康状態を知るにはよいことであります。

昨年はご主人様とそのあとお逢いできたわけですが、今年はどんなもんかしら……
と思っていましたら、
「送るだけになるけど、時間とれそうだよ」
とのこと。
ここのところお忙しいし、ご主人様ご自身もお医者様にかかられたりしていらっしゃいますので
お逢いできるだけでも、うれしいものです。

当日は滞りなく検査を終えました。
えー……「痩せろ」言われました(笑) わかっとるわい!(笑)
ご主人様もお気にしてくださっているので、頑張ります。

いつも人間ドックでお世話になっている病院では、サービスでランチをいただけます。
去年はご主人様もご一緒くださいましたので、今年はどうかな、と思い
検査終了後メールしてみますと
「到着にもう少しかかるし、ちょっと歯が痛くてね」
ということで断念(´・ω・`)
ひとりでランチをいただき、病院の表口まで向かいますと、ご主人様が座って
お待ちくださっていました。

「お疲れさま、みぃ」
「ありがとうございます、お忙しいところに」

いやいや、とご主人様はおっしゃって、送るしかできなくて、申し訳ないね、と。
送るのだってじゅうぶんなんですよ、病院から家までは結構な距離があるし……
その間、ご主人様とご一緒できるなら、しあわせなのです。

車に乗り込む前に、わたしは おや…… と気がついたことがありました。
そして、同時に、ちょっと嬉しかったことが。
病院の駐車場を出るときに、それははっきりしました。

「ほうら、ぴったりだったんだ」

なんだかどことなく得意そうに、ご主人様はシャツの襟をつまんでみせました。
そのシャツは、わたしがご主人様のお誕生日にお贈りした、件のものでした。

(*´ω`*)むふー

「このシャツはとても気に入ったんだ、なにしろポケットが両方についてる」
「ポケットは両方のほうがよろしいのですか?」
「うん、片方にたばこ、片方に免許証という具合にね。
 右にもポケットのあるシャツというのが見つからなくてね」

実はこれもだいぶ迷いに迷ったことでした。
好みによってはポケットの存在すら邪魔に感じるかたがいますし、
ポケットは左だけに決まっとろうがというかたもいますし
またもっとこみいった好みになりますと、ポケットのボタンがどうのこうのと
そういうところまでにもなります。
購入時点ではご主人様のポケットのお好みがまったくわからなかったので、
これもやはりお店で40分少々は悩みました。

「よかった。だいぶ悩んだのです、ポケット要らないって言われたらどうしようって」
「いやあ、便利だよ、俺の行く店はなかなかこういうの置いてなくってね。
 ありがとうね、みぃ」


キャ━━━━ヾ(*´∀`*)ノ━━━━♪


そのうち、長く運転をされて、ご主人様はすこし休まれたかったらしく、
カフェに寄ることになりました。
市内にできたばかりのカフェに、まだ行ったことがなくて、
行こうね行こうねと言いながら延び延びになっていましたから、
ちょうどよい機会ということで、訪れてみました。

以前立ち寄ろうとしたときはとても混んでいましたが、
おやつの時間にはまだ少し早いのか、お客様はまずまずの入りという感じ。
これなら、座れそうです。

果たしてお店はなかなかにすいていました。
せっかくなので、飲み物と、ハンバーガーをオーダー。
ご主人様はこのころには歯の痛みがすこしおさまっていたらしく
飲み物とサンドウィッチをオーダーなさいました。

サンドウィッチの卵がとても美味しく、
ご主人様は美味しい美味しいとおっしゃって、たくさん召し上がりました。
ほっと安心 ε-(´∀`*)
まだまだ、美味しそうなメニューがあるし、また来ようね、とお話しになって、
引き続きわたしの家に向かって走っていただきます。


家に着いたころ、まだ、外は明るい時間でした。
さすがにこの状態で、たくさんのちゅーとか
ましてご奉仕なんてしたひには
警察よりも早くご近所さんが車を取り囲んで
向こう3年は寄り合いでの格好のネタになる気がします。

ご主人様もそれを察してか
「少しだけね」
と、軽めのちゅーを2回。うーん、物足りないけど、しかたありません(´・ω・`)

また今度ね、時間作るからね、となでこなでこ。

……(*´・ω・)えへ

お待ちしています、あまりお仕事根詰められませんように、と申し上げて、
その日のプチプチ逢瀬は終わりました。

そうして、また、ご主人様に「ご無理なさらず」のメールを送り続ける日々が始まるのです。



| 日々の雑記 | COM(10) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する