123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2015-09-04 (Fri)
ホテルは、いままでに風呂桶が浅いだのお湯の出がイマイチだの
とくにお風呂にいい印象のないところでありましたが、
今回は当たりのお部屋だったらしく風呂桶がいい深さ。お湯もちゃんと出る(笑)

すこうし、ソファーでゆったりしたあと、ご主人様がおっしゃいました。
「みぃ、きょうの服は、いいね」
人間ドックからの引き続きではありましたが、今回はクロップドのジーンズに
ノースリーブ、その上に短めのジャケットという組み合わせでした。
いたくお気に入りでいらしたらしく、
「ちょっとはなれて、立って」
「くるっと回ってごらん」
「逆に回ってごらん」
ご主人様がこんなことをお命じになるのは初めてでしたので、戸惑いながらも
ととととと、と回って回って、お見せします。
「うん、いい。俺の好みだよ」

(*´Д`)
なんだか照れますが、でも、とっても嬉しい。


お風呂をご一緒させていただいて、ふくふく。
ご主人様がわたしの後ろに陣取られて、お腹を撫でられます。
「お腹の段が減ったねえ。よかったよかった」
「んー……もうちょっと、痩せなくては、いけません」
「いいんだよ、これを維持するのが大事なの」
そうですかねえ。がんばろう(`・ω・´)


お風呂からあがると、すぐ、お布団に促されます。
このまま、眠ってしまったって全然かまわなかったのですが、
ご主人様はわたしを抱きかかえるようにされました。
対面座位で、ずぬー、と、入ってこられます。

「ひゃあ」
「ん。みぃ、気持ちいいぞ……」
ご主人様にしがみつきながら、ちゃんと、ご主人様のかたちをとらえようと
わたしはぐちゅぐちゅ音を立てながら、すこし、動いていました。
「みぃはちゃんと覚えているね」
ご主人様のかたちを。どうすれば気持ちいいのかを。

まだこのとき、わたしは想像だにしていませんでした。
これまでに、絶対になかったことが、このあと起こるということを。

小分けで申し訳ない(笑)
もすこし、続きます。



| 逢瀬と調教 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。