12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-04-07 (Sun)
はじめてのご調教をいただいた翌日は、
肩周りと尻と股関節が筋肉痛で身体バッキバキでした(笑)
そうならないようにご主人様がベッドの中で
身体をマッサージしてくださったとゆーのに(なんちゅー奴隷だよ)……。

けれども、
それでも、
またお逢いしたいという気持ちは高まっていました。
お逢いした翌日には、メールで今後の仕事の休みをお伝えし、
約1週間後に、再度お逢いすることとなりました。

そのときにご主人様がおっしゃったことには
「きのうは身体を詳しく見ていないから、今後のことを考えると、
 早めに身体の隅々まで見なければね。今度はそのつもりで。」

す、隅々!!??

隅々ってどこからどこまで!?

ぐるぐると頭の中が色々な想像を駆け巡りましたが
いまこの時点ではどうすることもできず、とにかく
お取り寄せした化粧道具をそろえ、メールを交わしながら
当日を待ちました。

当日までの間に、一度月のものがきましたが、
その日を迎えるまでには――落ち着きました。
落ち着いたと思っていたのです。ここ伏線です(あえて言うから台無しに)。


Twitterのほうでも書きましたが、その日、人生初の手の込んだ、
(実際は言うほど込んでもいなかったのですが)
しかもひとりでやる化粧に悪戦苦闘。
たかだかファンデ塗りとアイメイクとチークとリップ程度に
事前の洗顔とお手入れ(これもたいしたことはなにもしていない)まで
含めて約50分をかけ、なんとかこれなら大丈夫か……?
というところまでもっていけました。
ちなみにこの日、家族は全員家を留守にしていましたので、
非常に気は楽でした(笑)


車を走らせて、待ち合わせの場所まで向かいますと、
ご主人様が先においでになっていらっしゃいました。

「すみません」
「いいのいいの。行こう」

頭をすこし、くしゃっと撫でられて、ご主人様のお車まで歩きます。
まだガチガチだなぁ、と、ご主人様がおっしゃいましたように、
たぶんこのときもまだ、緊張の糸は張り詰めたまんまだったと思います。

ご主人様のお車は、
行こうね、とお約束をしていたラーメン屋に走っていきました。


長い長い1日の、はじまりです。



| 逢瀬と調教 | COM(14) | | TB(0) | |
2013-04-09 (Tue)
ご主人様おすすめのラーメン屋は、かねてよりわたしが
グルメブログで見かけていて、一度行ってみたいと思っていたお店でした。
ちょうどよい濃さのとんこつスープで、好みの細麺で
なかなかに美味しかったですし、いつもやるみたいに替玉も頼んだのですが

やっぱ緊張してました。
ご飯食べてるときまでこんなにカタいのは生まれて初めてですよ……
カタいのは麺だけで十分なんですけど。
食べてるときはわたし、基本無言なのですが
待ちの間はメニュー見たり外見たりホント落ち着かない。

(ノД`)


ラーメンを食べ終わって、お化粧直しにトイレへ行ったのですが
ついでに用まで足しておこうと個室へ。
……なんというか、ちょっとした違和感があったというのも……あって。

個室の中、用を足して、拭いたときに……

トー

透明なお汁が、糸を引きました。
そしてわたしはこの日最初に血の気が引きました。

なにもうからこんなんなってんの。
ラーメン食べただけなのに…………

慌てて拭き取って、テーブルに戻り、お会計を済ませました。
ご主人様のお車に乗り込み、しばらく走っていると……
ご主人様が「ほら」と、手のひらを差し出されました。
こわごわ、手を乗せます。

きゅ。

指を組むように、握られて、車はコンビニへ走りました。

コンビニ……
とりあえず……

ご主人様はなにかお買い物をされているご様子でしたので、
もう一度わたしは、ご主人様にお断りして、トイレへ向かいました。

別に尿意はそうないのです(言葉を選んで)。
ただ……
やっぱり、わずかな違和感が……


ジーパンをおろし
腰を落とし
とりあえず拭いてみました。


トー


車……車に乗ってただけだろうよいま……
いまこの状態だとこのあと行くべきところに行った時どうなるんだ……


すっかりテンパったわたしは
ビニール袋を手にしたご主人様と一緒にお車へ戻りました。
だんだんと口数のなくなるわたしをご心配なさってか
「大丈夫?」としきりにお気遣いいただいたのですが
下半身が気になっていただけです。大変申し訳ないことに。


そのバチが割とひどいかたちであたることになることなど、
このときのわたしは予想だにせず、

ご主人様と手をつないだまま
車は静かにホテルへ入ってゆきました。




| 逢瀬と調教 | COM(10) | | TB(0) | |
2013-04-10 (Wed)
ホテルの部屋に入ります。
前回と違うホテルで、当然お部屋も違うし、でも雰囲気は良さそう。

入ってすぐに、抱きしめられました。
クゥと小さくうめいて、なされるがままになります。
「まだ、かたい」
囁くようにご主人様がおっしゃって、「すみません……」と返す。
ホント申し訳ないことです。次こそは次こそは。

ご主人様の手が、わたしの両手をつかみます。
ちょうど、それはまるで手首を拘束され、吊られているような。
まったく手首の動かせない状況で、ご主人様がわたしの唇を
とても荒々しく奪いました。
「うう……うー」
激しく吸い込むようなそのキスに、気が遠くなりかけます。
わたしも、お応えしなければ、と、舌を動かしかけたら、

「なにもしなくていい」

え?

「舌は動かさない。口だけ開けていなさい。
 動かしていいのは、そう言ったときだけだよ」

そのお言葉が聞こえた瞬間、ご主人様の舌が口の中を這いました。
歯茎を、舌を、その裏を、あますことなく犯すようになぶられて、
身体中から力が抜けてゆくのがわかりました。


そのまま、ベッドわきに移動を命じられます。
今度は後ろ手にされて抱きすくめられ、やっぱり動けず……
なんというか、ほんとうに。縄、いらんなと。
ご主人様の腕が、とても心地よく思いました。

そうして服を脱がされました。

トー

またかい!!
しかも今度は内股までベタベタという事態に。

「どうしてこんなに濡れている?」
「え……どうもこうも……」(←なんだよどうもこうもって)
「何回もトイレに行ったのはこれだったんだ?」
「………………ハイ……」
「なんにもしてないのにね。下着びしょびしょだ。
 今度から、パンティーライナーか何か、つけておいで」
「はい?!」
「そうしたら、帰りにびしょびしょの下着をはかなくてすむからね」
「え……」
「今後はホテルに入るまで、ずっと、つけてるんだよ。いいね」
「ハイ」

顔から火が出るかという恥ずかしさの中、お風呂に入りました。
お膝に乗せていただくような抱っこのされかたでご一緒に。
ご主人様のお首に手を回させていただいて、密着しているときの
しあわせ具合といったらもう。
そんな中、ご主人様が、わたしの恥丘を撫でられました。
当面のご指示はいただいていなかったので、相変わらず、そのままでした。

「またすこし伸びたね」
「あ……はい」
「どうしようか、これ。伸ばしたところは当然見たことないけれど、
 つるつるにするのもいいしね」
「お好みのままに。ご命令をいただければ、そのようにします」
「うん……じゃあ、今度から剃っておいで」

パイパンのご命令をいただきました。
そのあとはお風呂で抱っこしていただいたり、すこうし胸を揉まれたり。

お風呂からあがったら、首輪が待っていました。
カチャ、とはめられ…………

「そこのカウンターに手をついて、お尻を突き出しなさい」

え…………

こうですか、と言いながら、その体勢をとりますと、
お尻の肉がぐいと押し広げられます。

「ひゃああああ」
「みぃのアナル」
「わあああああ」
「みぃの入り口」
「やあああああ」
「きれいな色をしてるね。またどんどん濡れてきてる」
「うあ――――」

しきりの観察と、ご主人様のカメラにおさまっていく痴態。
(実際はこのとき、ご主人様がボタンをお間違いになり、
 短時間の動画しか撮れなかったそうですが)
もう血の気が引くやら真っ赤になるやら、な状況下、
ご主人様のバッグから、洗濯ばさみが飛び出しました。

「!」

洗濯ばさみとはいえ、ご家庭用のものよりはさむ力は若干弱そうでしたが
久しぶりの洗濯ばさみの痛みに、すっかりパニックに。
「いたいー……いたいぃい……」
洗濯ばさみがとれたかと思ったら、今度はお尻を叩かれる。

ぱーん。

「あ―――――」

ぱーん。

「っぁ!!」

ぱーん。

「ぃ――――」

しまいには声にならない声が上がり、少々ぐったりとしたところで、
「仰向けに寝転びなさい」
「は…………い……」
寝転んで、首だけをベッドわきから落とすと、そこにご主人様の陰茎が。
そのまま、ご主人様のをくわえさせていただきました。
この体勢は結構な具合で苦しい…………
しばらく、フェラチオともイラマチオともつかないそれが続いたあと、
ご主人様がコンドームをお手に取られました。

「つけ方を知ってる?」



| 逢瀬と調教 | COM(10) | | TB(0) | |
2013-04-14 (Sun)
コンドームの中身すら、たぶん、わたしはこのとき
リアルで初めてちゃんと見たと思います。
ご主人様には正直に申し上げました。

「つけ方は知っていますけれど、知識だけです。実践の経験はありません」
「そう。じゃあ、やってみよう」

ご主人様は、まず、ここが精液溜まりといって、
ここを指でつまんで空気を抜いて、と、前回も思ったことですが
やはりまるで保健体育の授業のようなことを、丁寧に
ベッドの上で教えてくださいました。
「こうやってね、くるくると、根元まで」
ご主人様の手で、きれいに、コンドームがはめられていきます。
そうして――――

「むこう、向いて」
「ひう!」

ずん、と、深い快感が、身体を包みました。
前回ではなかなかわからなかったことですが、
ご主人様のものは、とても大きくて、刺さるように届くのです。
「突かれる」という表現が、ほんとうに、しっくりくるくらいに。

ああ、まずい、気持ちいい。
なにがまずいのか自分でもよくわからず、波のように襲う快感に
身をまかせながら――――

1回、イッたのかな、確か…………
ずるりと「抜かれる」感触までもを味わいながら、
ご奉仕のために体勢を整えようと思って、
ご主人様から差し出していただいたティッシュペーパーで
拭いた瞬間――――――――

身体の奥から、 ごぼり、 と、音がしました。

けして明々としていない照明の中、嫌な予感がして
拭いたものを見ると


 ぎゃあああああああああああ


ペーパー血まみれ。
コンドームも血まみれ。
ベッドも若干血に染まり。

「あららら、ちょっと残ってたんだろうねぇ」
前日で月のものが終わりました、というご報告はしていたため
ご主人様はまったく動じずそんなことをおっしゃっていたのですが
当のわたしが大パニック。

いままでこんなことなかったのに
ご主人様に大変申し訳ない
つかここできょうは打ちきりだきっと
ああぁあああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

ごめんなさいごめんなさいと涙声になるわたしの頭を撫でて
ご主人様は
「いいの気にしないの。こういうこともあるからね。お風呂行こう」

ひーん。

そのままふたりで再度お風呂に向かって
シャワーで洗い流し湯船でぬくもり
とりあえずわたしは落ち着きました。

田舎のホテルにしては気のきいていたことで
トイレにナプキンがありましたから、とりあえずショーツだけ
はくことにしました。

「申し訳ありません」
「大丈夫。生理のときだってできることはあるからね」

ご主人様が下半身にわたしを促しましたので、
わたしはそのままご奉仕をはじめました。
ほどなく、出していただけ、くっと飲みこませていただいたあと、
お隣にくっつかせていただきました。
するとご主人様が静かにおっしゃいました。

「乗ってごらん」
「え……でも」
「いいから」

乗ったところで入れられはしないし、どうしよう、と思いながら
そのようにさせていただきました。
ご主人様はマッサージのおつもりだったのかどうなのか
わたしの腰のツボをあちこち押されていたようでしたが
どうもおかしなことには
それがたまらなく快感で
わたしは知らず知らずのうちに
腰を振りはじめていました。

「……!?」
「みぃの身体が気持ちいいところを探しているよ」
「そんな……そんなの」
「ほら、ここだ。恥骨の当たるところ」

確かにそこは、ご主人様の下半身とわたしの下半身がとてもぴったり――
まるでパズルのピースのようにしっくりくる位置でした。

おかしい。
入っていないのに。
腰を振ると、きもちいい。

「あ……あう……は……なんで……」

ご主人様の手が、わたしの胸にのびました。
乳首をひねり、乳房を握りつぶさんばかりにつかみあげる。

「ああ――――――!!」
「気持ちいいんだね? 入ってもいないのに、こんなに腰を振って」
「いい……気持ち、いいです……どうして……どうして……」

このときわたしは「どうして」「なんで」しか言ってなかった記憶があります。
ほんとうに、こんなことで気持ちよくなるなんて思わなくて。
入れているわけではないばかりか、直接触れているわけでもないのです。
ショーツとナプキンという、ふたつの壁もあるわけですから。
それでも、わたしの意識は、飛びそうになっていました。

「イキたかったら、イッていい」
「あ……あ……いや……あ……」

まさかこんなんでイクなんてありえん……と思った、約数分後には

イキました。
そりゃあもう激しく。
ぐったりとしてご主人様の胸に倒れこんだわたしの耳元で、優しい声がしました。

「よかったなぁ、みぃ。生理の時でも、俺が疲れてしまっているときでも……
 ちゃんとイケる方法、見つけたな」
よかったよかった、いい子だ、みぃはいい子、と、そうおっしゃりながら、
ご主人様はわたしの頭を何度も何度も撫でてくださいました。


くうん、と、喉の奥から、犬のような声が出ました。
「ご主人様」
「うん?」
「みぃは」
「うん」
「みぃは……ご主人様が大好きです……とってもとっても……大好きです……」


ご主人様の胸の上で、荒い息とともに発したその言葉は、

人生初、ガチ本気の「大好きです」でした。




| 逢瀬と調教 | COM(14) | | TB(0) | |
2013-04-18 (Thu)
ひととき、お布団の中でゆったりとした時間を過ごさせていただいたり
ベッドから起き上がって飲み物を飲んだりしていたら
ご主人様がおもむろに冷蔵庫からなにかを取り出されました。

「みぃ、仰向けに寝転びなさい」

…………?
そのときはすでに丁寧に部屋着を着直し、もちろん下着はつけたまま、
でしたので、なにをなさるおつもりだろう、とそのまま待っていました。

する。

「えっ……あの、」

ご主人様が、ゆっくりと、部屋着の紐を解かれてゆきます。

「動かない」

息をのみながら、2本の紐が解かれてゆくのを、わたしは見つめていました。
ご主人様の表情が、とても、厳しく、つめたく見えました。

やがて紐が完全に解かれてしまうと、ご主人様は一気に、
しかも勢いよく、わたしの部屋着をひきはがしました。

「ひゃっ」

さっきまで部屋着がただの布になってしまうほど、ご主人様の上で
大暴れしていたくせに、理性が戻るとこんなもんです。
ご主人様の手が、わたしの左手首をつかみます。
お身体はわたしの右側にぴたりとあって、ほとんど身体が動かせない状態。

「ご主人様……!?」

つぶやいたと同じくらいに、あたりにとても甘いにおいが充満しました。
ご主人様の片手を見ますと――――ヨーグルトらしき容器が。
ご主人様はひとことも、なにもおっしゃらず――――

「ああっ」

白色の半固体が、わたしの乳首の上に、ぼたりと乗りました。
冷たい。
でも、身ひとつ、よじれない。
ご主人様はそれを舐めあげます。
とてつもない快感が身体を襲いました。

ぼたり、ぼたり。

乳首に、お腹に、おへそに…………

つぎつぎと落とされながら、綺麗に舐めあげていくご主人様。
甘いにおいに鼻が狂いながら、ご主人様の舌に酔っていました。

口移しでヨーグルトをいただいたりしながら、
やがてカップの中身がなくなってしまうと、ふたたびご主人様の上に
乗るようにとのご命令をいただき、そのようにしました。
あとは前記事の繰り返しみたいな感じで……際限なく……
気持ちよくなっていきました。

たぶん本当に、しばらくうとうととしていたと思います。
ゆるりと目が覚めるともう夕方を過ぎていましたから、
何度目かのお風呂に入って、身体を温めました。

あまり出血こそなかったのですが
ナプキンはどろどろと濡れていましたので
もうひとつあった新しいものにつけかえて帰ることにしました……
ちょっぴり、反省です(´∀`;)


ホテルを出るとすっかり暗くなっていました。
ファミレスで夕食をご一緒させていただいたあと、
車のそばまで送っていただきました。

繋がれた手のぬくもりが、心地いい。


年度末で忙しいので、この次は少し間が空くかもしれないけれど、
メールは毎日できるからね、とご主人様がおっしゃいます。
額に軽いキスをいただきました。
「はぁい(>_<*)」
「いい子だ」

まだいっぱいドキドキしていて
ガッチガチで。
それでも、半ば勢いも手伝って「大好きです」と申し上げたことに
わたしはあとで、自分で「ヒャ――――――」となっていました(汗)


お逢いしたのは、これでまだたった2回。
けれど…………

わたしは、このかたに、すべてを委ねたいと、
はっきりと、そう、思いました。



| 逢瀬と調教 | COM(14) | | TB(0) | |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。