123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2015-10-01 (Thu)
本当は、この場にはふさわしくない話題なのかもしれません。
けれども、自分のなかの、おぼえがきとして。
そして、その時、自分がどう思っていたか、ご主人様はどうおっしゃったのか、
忘れないために、残しておこうと思います。

人間ドックが終わってから、すこしして、わたしは仕事で北陸へ出張にゆきました。
ほぼ一週間程度留守にするものでしたから、前日ギリギリまで、
終わらない仕事を片づけたり、引継ぎを作ったり
(結局、作りきれませんでしたが)していました。

出張先でも、電話はよくかかってきました。
「あの件がまだ終わっていないらしい。どうなってる」
「この件で問い合わせがあった。どうなってる」
そのたびに、記憶を掘り返して応対したりしましたが、なにしろ北陸と九州、
すぐさま戻るわけにもいかず、しかし毎日もやもやとしながら、
どうかきょうは電話がかかってこないでほしい、なにかまたしでかしてやしないか、
そんな気持ちで、ある意味強迫的になっていた、とは思います。

出張から戻ってくると、案の定というかなんというか、
追及のひどいことひどいこと、
そりゃあそもそもは自分が仕事をほっぽらかしたり
先延ばしにしたりしていたためですから、悪いのは全面的に自分なのですが
上司と同僚に大変叱られました。
そうして、自分のデスクの引き出しも全部総ざらいされ
(書類がとっ散らかって、何が何だか、の状態だったのです)
またあれこれと追及が進み、しまいには仕事を全部リスト化され
毎日上司に報告すること、との指示までされました。
(これは結局、1ヶ月とすこしで立ち消えになりました)
また、自分が事務畑の人間であったにもかかわらず、
手続き遅れでほかの社員に迷惑をかけてしまって、
このころだけで始末書は総計3枚か4枚くらい書いたと思います。

その間にも上司との面談、というか、叱責アンド話し合いは続いていました。
内容としてはおおむね
「なぜできない」
「なぜ先延ばす」
「以前の支店でも同じようなことをしていたと聞いた。
 業務知識はそれなりにあるのになぜ」
といったような感じでした。
なぜと言われても、自分ではうまく答えられません。
確かに、上司の言う通り、10年も同じ仕事をしてきていますから
知識だけは無駄にある状態ですし、資料の検索能力だけは他に誇れるレベルでした。
けれども、いざ、自分の仕事となると、引き出しの中はぐちゃぐちゃだし
締め切りの迫っている仕事に限って先延ばしにしようとするし
(実際何件もそれで督促まみれになっているし)
しかも報告は決裁をとらないで先にやってしまうなどなどなどなど
わたしが上司でも「いやお前何やってんの?」と言いたくなるレベルだと思います。

何枚目かの始末書を提出したあとのある日、わたしは支店長室に呼ばれました。

続きます



| 日々の雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
2015-09-15 (Tue)
ようやく続きが書ける精神状態になりました(汗)
内容的には簡単になりますが、すこしずつ、アップしてまいります。

さて
人間ドックのあと、ご主人様とホテルに入ったわたしは
久しぶりのことではあったものの、身体が自然と動く事態に陥っていました。
やはりなんというか。
ご主人様がおっしゃるように、「覚えている」ものなのかもしれません。

ぐいぐいと、ご主人様のものが中で動き、
気持ちよさに声が漏れてしまいます。
それはご主人様も同じでいらしたようで

「みぃ」
「は……い……」
「中に出す」

は?

いや、中て? 中?

わたしの?(他にどこがあるんだ)

けれどもこのとき、ご主人様は、なんというか、その、
つ け て い な く て

つけないままに中で、というのは、このときがはじめてでした。
これまでには、そうされようとしても、必ず、
途中でおやめになっていたものでしたから、……まあ正直に言えば
すこしの物足りなさがあったのも、事実では、あります。
でもこの日は違いました。

ご主人様は、ほんとうに、わたしの中で出されようと。

そうして、それは、現実になりました。

中で、これまで以上に、すこし跳ね上がる感じがあって、
いわゆるマンガとかのように「出た感じ」というのはあまりなかったのですが
でろん、と、なにかたれてくる感触が、ああ、ほんとうに、と
あらためて、なぜか冷静に感じられました。

もちろん、薬を飲んでいますから、妊娠することはまずない、と思うのです。
(万分の一ほどの偶然があれば、ありえなくもないのかもしれませんが)
それでも、出していただいたうれしさと、気持ちよさとで、
わたしはしばらく動けなくなっていました。


そのあとは、シャワーを浴びたり、テレビの音を遠くに聞きながら
眠ってしまったりなどしつつ、ふたたび、みたび、ご主人様に入れていただけて、と、
長い長いお時間を一緒に過ごすことができました。
とても幸せな時間でありました(*´ω`*)



――しかし、
みぃ自身の変調と不調が、このあたりから、じわじわと、
そして確実に忍び寄っていたのです。

そのことに気がつくまで、まだ、あと少し、かかります。



| 逢瀬と調教 | COM(0) | | TB(0) | |
2015-09-04 (Fri)
ホテルは、いままでに風呂桶が浅いだのお湯の出がイマイチだの
とくにお風呂にいい印象のないところでありましたが、
今回は当たりのお部屋だったらしく風呂桶がいい深さ。お湯もちゃんと出る(笑)

すこうし、ソファーでゆったりしたあと、ご主人様がおっしゃいました。
「みぃ、きょうの服は、いいね」
人間ドックからの引き続きではありましたが、今回はクロップドのジーンズに
ノースリーブ、その上に短めのジャケットという組み合わせでした。
いたくお気に入りでいらしたらしく、
「ちょっとはなれて、立って」
「くるっと回ってごらん」
「逆に回ってごらん」
ご主人様がこんなことをお命じになるのは初めてでしたので、戸惑いながらも
ととととと、と回って回って、お見せします。
「うん、いい。俺の好みだよ」

(*´Д`)
なんだか照れますが、でも、とっても嬉しい。


お風呂をご一緒させていただいて、ふくふく。
ご主人様がわたしの後ろに陣取られて、お腹を撫でられます。
「お腹の段が減ったねえ。よかったよかった」
「んー……もうちょっと、痩せなくては、いけません」
「いいんだよ、これを維持するのが大事なの」
そうですかねえ。がんばろう(`・ω・´)


お風呂からあがると、すぐ、お布団に促されます。
このまま、眠ってしまったって全然かまわなかったのですが、
ご主人様はわたしを抱きかかえるようにされました。
対面座位で、ずぬー、と、入ってこられます。

「ひゃあ」
「ん。みぃ、気持ちいいぞ……」
ご主人様にしがみつきながら、ちゃんと、ご主人様のかたちをとらえようと
わたしはぐちゅぐちゅ音を立てながら、すこし、動いていました。
「みぃはちゃんと覚えているね」
ご主人様のかたちを。どうすれば気持ちいいのかを。

まだこのとき、わたしは想像だにしていませんでした。
これまでに、絶対になかったことが、このあと起こるということを。

小分けで申し訳ない(笑)
もすこし、続きます。



| 逢瀬と調教 | COM(4) | | TB(0) | |
2015-08-31 (Mon)
いい加減にほったらかしすぎですよと orz

あとで書くと思いますが、6月の末から7月の末まで、ほんとうに怒涛で……
8月はほぼほぼ放心状態でした。
や、それでもちゃんと仕事には行きましたけれど。サークルにも。


その間、ご主人様とどこかにお出かけなどできたかというと、
またそれもそうではなく。
でも、ちゃんと書きとめておかなければいけません。記録だものね。

と、いうわけで、わたしの誕生日のあと、お逢いできたチャンスは
毎年恒例の人間ドックの日でありました。
通常は日帰りで受診するのですが、今年はちょっと奮発して1泊で。
ご主人様も、「終わるころには迎えに行けるよ」とおっしゃってくださってたので、
検査いっぱい頑張りました(*´ω`*)

結果、前年よりも10㎏近く痩せていて、血液検査の数値等もまずまず。
……ま、あまり健康的に痩せていない気もしますので、
完全に胸がはれるかというとそうではないのですが……


2日めのお昼まででドックが終わりましたので、ご主人様とご一緒に
病院のレストランでランチヾ(*´∀`*)ノ
ここのレストランはほんとうに美味しいので、お気に入りです。
ご主人様はざるうどんに舌鼓を打たれておりました。

病院からみぃの家までは、車でおおむね1時間半かかります。
その間、どこかにお寄りになるのかな、などと考えたりしていましたが、
どうもお寄りになる様子がなくあっという間に家の近所。
こっそりお車のメーターを盗み見しましたら、ガソリンがあまり残っていないご様子。
家に着いたら、あとはお帰りになるくらいしかできないのだろうなあ。(´・ω・`)
きょうは送っていただくだけでおしまいかなあ……

お布団をしばらく(4ヶ月ほど)ご一緒していなかったので、さみしかったのです。

家の前にお車が停まります。周りはとても明るく、このままお車を降りるのがとても惜しい。
ちょっとだけ、わがまま、言ってみようか……

わたしはご主人様のシャツのお袖を、きゅっと握っていました。
「どうしたどうした」
「あのう、……まだ、お外が、明るいなあと思って……」
「んー」
ご主人様がまっすぐわたしの家にお停めになったのは、いろんな理由がおありのようでした。
けれども、そんなものは、実際のところどうにかなることでした。
わたしの押しに、ご主人様は
「ようし、わかった。一番近いとこ、行こう」
とおっしゃって、再びお車を走らせてくださいました。

つづきますー。


| 逢瀬と調教 | COM(0) | | TB(0) | |
2015-07-08 (Wed)
書かにゃいかん記事はまだいくつかあるのですが、
その前に、言いつくせぬ感謝を皆さまへ申し上げます。

7月7日の夜、確認いたしましたが、
カウンターがついに100,000を数えました。

いつか届いたら嬉しいな、くらいの気持ちで続けていたところではありましたが、
ブログ開始から3年と約8ヶ月で、届くことができました。
たくさんの皆さまからご覧いただき、時に叱咤激励をいただきながら
積み重ねられたものと思っております。
ほんとうに、ありがとうございます。

まだまだ、走り続けていけたら。
もちろん、ひとりではできません。
ご主人様と。
このブログを見守っていてくださる、皆さまと。

みぃはまだまだ、走ります!


| ごあいさつ | COM(8) | | TB(0) | |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。